カフェ開業で大切なコンセプトづくり

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネスや人生において、わたしたちを苦しめるものがあります!
それが、
 “ 常識 ”
というもの。
社会の中で生活をしていく中では、もちろん人に迷惑をかけないなどの常識ある振る舞いというのは絶対に必要です。
ですが、ビジネス、特にカフェ開業をする上では、こういう常識はかえって邪魔になってしまうことがあります。
自分が目指しているカフェの形、夢を他の人に話したら、全く受け入れてもらえなかった!なんてこともあるかもしれません。
中には、「そんな夢見ていないで、堅実に生きなさい!」って言われたりして凹んだことがある人も多いです。
ですが、何かコトを成し遂げている人たちって、最初は周りからも馬鹿にされたり、否定されたりしていたんですよね。
でも、結果的にそれが主流になったりする。
世の中こんなものです。
だけど、世の常識に捉われて、自分のやりたいこと、表現したいことをやらなかったら?
なんだか、もったいないと思いませんか?
もちろん、カフェを経営するということは、ビジネスですから利益を出さないとそのカフェを続けていくことはできません。
だから、お客様が来たくないようなコンセプトのお店を作るのはよくありません。
だけど、自分の好きを形にしたら、「そういうのあったらいいなぁ~」って思っていた人たちがお客様としていらしてくれるかもしれません。
そういうお客様にしてみれば、「これまでそういう店が無かったらいかなかっただけ」ということかもしれませんよね。
以前行ったことがあるのですが、広島だったかな?お化け屋敷みたいな喫茶店が辺鄙な場所にあるんですが、けっこう人気でした。
普通に考えたら、こんなコンセプトのカフェをやる!って言ったら、きっとみんな反対するだろうな?って感じのお店です。
でも、その人は“やった”んですよね。
もちろん、紆余曲折はあったでしょう。
それでも、今はお客様に受け入れられる、口コミで噂が広がるお店になっていったわけです。
常識的な考え、振る舞いは大切。
だけど、常識や固定概念に捉われていては、いいカフェはできないですよね。

コメント