カフェ開業に必要な資金は人それぞれ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よく、
「お金さえあれば、今の仕事を辞めてカフェをはじめられるのにな~」
という声を聞きます。
そんな時、僕は、 
 「本当?」 
って、疑ってしまいます。
確かに、お金が有り余っていれば、カフェをはじめることは、そんなに難しいことではないでしょう。
お金のことを気にせず、自分の思い通りにお店を作ることはできるはずです。
しかし、実際は、どうでしょう?
カフェをはじめるのに十分な資金を持っていても、カフェをはじめる人は意外に少ないものです。
むしろ、お金は無いけど、“カフェやりた~い”って言う人の方が、カフェをはじめる確率は高いと感じています。
お金は無いけど、創意工夫でやりくりをしてカフェをはじめた人を僕はたくさん見てきました。
だからといって、カフェをはじめるのにお金が必要ないといっているのではありません。
実際問題、よほどの条件がそろっていない限り、お金をまったく持たないでカフェをはじめるというのは難しいですよね。
では、
いくらお金があったらカフェをはじめますか?
300万円?、500万円?、1000万円?
人によって答えはバラバラでしょう。
はっきりいって、この問いに答えは無いんですよね。
答えがあったら、その金額が貯まるまで、カフェをはじめることなんて出来なくなっちゃいますもんね。
カフェをはじめられない人が抱えている問題の大部分は、実は、お金ではなく、自分が、
 “カフェを経営していけるか?”
っていう自信、または確信が持てるかどうかなのでは?と思っています。
他のページでもお話しましたが、カフェをはじめること自体は、そんなに難しいことではないんです。
でも、カフェをはじめることと、カフェを経営する、続けていくということは、違うんですよね。
僕の知人に、カフェをやりたいと以前からずーっと言っている人がいます。
しかし、彼の計画は未だ実行に移されていません。
彼に、「カフェの計画はどうなっての?」って聞くと、
「いや~、お金が貯まらなくてね~。」
という返事。
いくら貯まっているのかと聞くと、軽く1000万円以上は貯まっているようなんです。
でも、未だカフェをはじめようとしない。
よくよく、聞いてみると、“カフェをはじめて潰れるのが怖い”ようなんです。
だけど、その気持ちを隠し十分なお金がないというのを言い訳にしているんです。
彼の気持ちはよ~く分かります。
僕も、仕事柄、多くのお店が潰れていくのを見てきましたし、実際、中途半端な気持ちで、カフェを経営したとしても、きっと長くは続かないでしょう。
   
こういう人は多いのではないでしょうか?
カフェをはじめるということは、会社員のように、毎月定期的に定額のお金が入ってくる保障はなりますから、自らの生活に不安を感じる人も多いでしょう。
しかし、カフェをはじめるとはそういうことです。
自分の収入は自分で作り出していかなくてはならないのです。
いくら、お金があっても、潰れていくお店は潰れていきます。
(このことはまた別の機会にお話したいと思います。大事な話ですからね)
むしろ、潰れていくときの悲惨さは開業資金が十分でなかった人以上です。
“カフェなんかやらず、あのお金を蓄えていたら・・・”
と考え、落ち込んでしまうかもしれません。
お金がある人は、投資する金額もかなりの金額になってしまうものですから。
何をやるにしても、必要なのは
  “勇気”
だと思います。
はじめるのも勇気、そして諦めることもまた勇気。
ちょっと、厳しい話になっちゃいましたけど、これが現実だと思います。
でも、その勇気を導くのは、あなたのカフェへの熱い“思い”だと思います。
あなたの思いが強ければ強いほど、勇気が湧き上がってくるのではないでしょうか?
勇気が湧き上がってくると、知恵が出てきます。
知恵は最高の力です。
お金を言い訳にせず、カフェ実現への知恵を絞ってみてはどうでしょう?
(でも、もちろんお金は大切ですよ。しっかり夢に向かって蓄えましょうね)

コメント