“占いカフェ”からカフェ経営のカタチを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カフェと一口にいっても、いろいろな種類のカフェが出てきましたよね。
グーグルなどで、“カフェ”ってキーワードで、検索してみると、恐ろしいほどの検索結果がでてきます。
今は、なんでも名前に“カフェ”って付いちゃっているってのもありますけどね。
ネットだけでなく、実際に存在するカフェでも、
・インターネットカフェ
・スポーツカフェ
・おにぎりカフェ
・お茶カフェ
・メイドカフェ
などなど、個人的にも興味をそそられそうなカフェがたっくさんあります。
僕の個人的嗜好は、この際置いとくとして、テーマをもって食事やドリンクを提供できれば、それだけでカフェになっちゃう。
このサイトをご覧になっているあなたは、もっとオーソドックスなカフェを目指しているかもしれませんが、カフェの形にこだわらなければ、意外に面白いカフェを作ることが出来るかもしれませんね。
僕個人としては、カフェといえば・・・・っていう固定概念がある方なので、なんでもかんでも“カフェ”って冠をつければいいってもんじゃないよっ!って思うんですよね。
だけど、最近行ってハマってしまったカフェがあるんです。
それが、
  “占いカフェ”
  
占いカフェなんて、僕自身は今まで気にも留めていなかったんですが、これが、とっても“カフェ”してるんですよ。
その占いカフェは、かなり入り組んだ路地裏の建物の2階にあって、看板にもはっきり
  “占い”
って言葉を掲げてはいるんだけど、看板やメニュー表などはとっても今風というかオシャレな感じで、ドリンクもいたって普通なんだよね。
じゃぁ、僕が何に感動したかというと、実は、お店の雰囲気作り。
 “占い”っていうモノがテーマってこともあるんでしょうけど、お店にはいると、とってもリラックスできるんです。
癒されるっていうか、居心地がとてもいいんですよ。
ヒーリング用の音楽が流れ、椅子もゆったりと座れるものなので、ついつい時間が経つのを忘れそうになっちゃう。
占いをしない人もそういう雰囲気だからってことで利用する人も結構いるみたいなんです。
お店の人に話を聞いてみると、やはりオーナーの占い好きが昂じて、こうやって占いカフェを開いたらしいんです。
オーナー自身も占いをするし、占い師の方への場所提供っていう目的もあるらしい。
後日オーナーとお話をさせてもらったら、
「最初は純粋にカフェをやりたいと思っていたんだけど、普通にカフェを
 開いても、恐らく、たくさんあるカフェの中の一つに過ぎなくなっちゃう
 んじゃないかって思って、何か自分らしい特徴を出したかった。
 ある時、知り合いの方を趣味で占っていたら、その人がコーヒーでも
 飲みながら、ゆっくりと占ってもらえたらいいのにね。って言ったのを
 聞いて、“これだ”って思ったわけ。」
って話されていました。
カフェも好きだし、そこで占いができたら最高だなってことで、その占いカフェを開いたそうです。
こういうのって、まさしく“好きを仕事”にしたって感じですよね。
こういう自分の好きな事をテーマに出来るのがカフェのいいところなんでしょうね。
別のトピックでもお話した事がありますが、カフェをやるのに、自分の好きな事ほど役立つことはありません。
自分の好きな事がすぐさまテーマ、コンセプトになりうるわけですからね。
この占いカフェなんて、カフェをはじめる上での動気づけとしてもすごく参考になるし、ビジネスモデルとしてもすごく参考になりますよね。
普通にカフェをやるだけでなく、占いという付加価値がついて、しかも客単価を上げることができるわけですからね。
占い費用を取らなくても、占いをするお店というだけで、十分、店の“売り”にもなりますよね!
こういうのって、他にも活用できそうですよね。
楽器が得意であれば、その楽器のレッスンなどをそのカフェでやってもいいでしょうしね。
とにかく、自分の好きな事、得意な事って、
やっぱりカフェをやるのにとっても役立つんですね!

コメント