料理が下手でも出来なくてもカフェははじめられる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「料理ができないとカフェ経営は無理ですか?」
こういう質問を頂くことがあります。
カフェといえば、カフェ飯やスイーツなど料理が付き物ですから、カフェ経営をするのに料理技術が欠かせないのでは?って不安になるのはよく分かります。
それにいまだにカフェをはじめるのに調理師の資格がないとできない!って都市伝説を信じている方がけっこう多いです。
でも、それだけでせっかくのカフェ経営の夢を諦めるのはもったいない!ですよね。
もちろん、何から何まで一人でやる!というのであれば、料理ができないというのは致命傷ですが、料理ができなければ料理はしない!という手段もありますよね。
簡単なおつまみ程度のものしか出さないカフェでもいいわけです。
もしくは、火を通す程度でOKな業務用食品を提供する!ということでもいいわけです。
最近の業務用食品はグレード上がっていますからね。
マジ、美味しいものいっぱいありますよ。
「でも、そんな料理じゃお客様に満足してもらえない!」
って思われるかもしれませんね。
であれば、料理が少々不味くても行きたくなるようなカフェを作ればいいわけです。
料理よりも魅力的なものが、あなたのカフェにあれば、お客様はそれを求めてやってきます。
要は、何をカフェのメインにするか!です。
そのコンセプトをしっかりと持つことが重要になります。
それで、もし経営的に余裕があるのであれば、調理を出来る人を雇えば良いわけです。
自分が料理が出来なければ、出来るようになるか?それとも出来る人を雇うか?はたまた、手のかからないメニューを出すか・・・。
方法はいろいろ考えられます。
コレが無いとダメ!、アレが出来ないから無理だ!といって諦めるのは簡単です。
でも、それじゃモッタイない!って思いませんか?
足りないものがあれば、どのようにすればクリアできるか!それを考える
のも、すごく楽しい作業ですよ!

コメント