移動式カフェ、キッチンカーの開業、はじめる方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今となっては、当たり前に街などで見かけるようになった、“移動式カフェ”
最近は、”キッチンカー”なんて言い方をしたりしますよね。
きっと、あなたも、この移動式カフェキッチンカーを一度は見たことがあるはず。
“ワーゲンバス”や“軽自動車・トラック”などをオシャレでかわいらしく改良し、道路端や公園などのスペースでコーヒーなどのドリンクはもちろんのこと、本格的な料理なども食べることができます。
移動式カフェやキッチンカーって、費用はいくらくらいでできるの?

では、実際に移動式カフェをはじめるのには、どのくらいの費用がかかるんでしょう?
まずは、移動式ってくらいですから移動するための“車”が必要になりますよね。
それに、その車を移動式カフェとして使うための改造費。
(改造費の中には、ボディーペイント代も含まれます)
      
まぁ、これが普通のカフェでいうところの物件代ってことになるでしょうか?
これに、お客様に料理やドリンクを提供するためのコップやお皿、ペーパーなど、それからコーヒーなどをその場で淹れるのであれば、コーヒーマシンも必要になってくるでしょう。
コップやお皿、ペーパーといっても、そのあたりで市販されているものをそのまま使っていたんじゃ、あなたのオリジナルのカフェにはならないですよね。やっぱりお店のロゴをカップやペーパーにプリントする費用も考えなくてはいませんね。
あと、そこで出す料理などを加工する場所を別に構えるとなると、それが別途かかるでしょうが、基本的にはこんなもんでしょうね。
実際の費用ですが、これは、規模というかどこまでこだわるかにもよりますのでなんともいえないのですが、300万円くらいが相場のようです。
もちろん、実際に移動式カフェを経営していらっしゃる方に話を聞いてみると、
「車も中古、改造も出来るだけ自分でやったから総額30万」
って方もいらっしゃいますから、やり方次第で費用は下げれるようです。
もちろん、ワーゲンバスなどは、中古でも結構な値段がしますから、そういう見た目などにもとことんこだわってくると、総額が500万を越えるとうことも少なくないようです。

フランチャイズでの移動式カフェ

さらに最近は、移動式カフェをフランチャイズで行うという方法もあります。
詳しくは別のページで解説するので
移動式カフェに必要な資格ってあるの?

移動式カフェといっても、やはりカフェをはじめるのに必要な資格があります。
それは、このサイトでも何度もお話していますが、
“食品衛生責任者資格”
これは必須です。
食品衛生責任者資格については、
こちらをご覧下さい。
      
他には、資格というわけではないのですが、お店を始めるにあたって、必要となるものがあります。
それは、
 “ 営業許可 ”
というものです。
営業許可というのは、食品衛生法に定められた条件をクリアした店舗に下りるもので、簡単に言えば、“これならお店として営業してもいいよ!”という、お墨付きをもらうような
ものです。
しかし、これがないとお店として営業をすることができませんから、開業時には必ず必要となります。
この営業許可、固定店舗であれば、その開業したい地区、一箇所の営業許可を取ればいいのですが、営業場所が定まらない移動式店舗の場合はそうはいきません。
出店を希望する地域ごとに営業許可が必要となってくるのです。
つまり、首都圏であれば、東京、神奈川、千葉の3県で営業活動を行おうとするのであれば、その3都県それぞれでの営業許可が必要になるわけです。
もちろん、同一県でも各市によって条例なども違いますので、それぞれの市等で営業許可を取らなくてはなりません。
      
県や市によって規定などが違いますので、実際にはじめる際は、該当する地区の保健所などに車の改造図面などをあらかじめチェックしてもらった方が、いいと思います。
☆移動式カフェのをはじめるのに役立つ本☆



はじめよう!移動販売 (DO BOOKS)


移動販売で成功する本―みんなでHAPPYになろうよ


移動販売ビジネスで成功する!―クルマ一台で自分の「お店」を持つ方法

出店場所は勝手に決めていいの?

そうそう、問題はこれだよね。
移動式カフェをどこでやるかにもよるんだけど、例えば一般的に公道を使ってお店をやる場合、道路交通法で定める道路の使用許可を得なくてはなりません。
移動式店舗をしている人の中には、こういった道路の使用許可を受けずに営業を行っている人も多いようですが、これは明らかに法律違反です。
無許可で営業を行っていると、警察官が来て、“すぐに撤去しなさい”などと指導され、移動を余儀なくされます。
あなたもそんなシーン、見たことありませんか?
あと、公園等に出店するというケースもあると思いますが、これもやはりその公園を管理しているところの許可を得なくてはなりません。
管理しているところによっては、いろいろな規定などがあって、申請が面倒ということもあるようです。
そんなこともあり、最近では公道を利用した出店ではなく、例えばスーパーの駐車場や空きスペースを借りて営業をしているお店が多いようです。
そうはいっても、何からはじめればいいの?
何事でもそうですが、最初はみんな初心者。となると、
  

  • 何からはじめていいか?
  • どんなことに注意しべきなのか?
  • もっと簡単に始める方法はないのか?

という疑問や不安が出てくると思います。
そういうときにやっぱり役に立つのが、実際に移動式カフェを経営している人たちのノウハウです。
しかし、個人の方にいきなり移動式カフェのノウハウを教えてくれ!といっても、なかなか教えてくれるものではありませんよね。
だけど、そんな移動式カフェの開業費用や移動式カフェをはじめる上でのQ&Aなどを資料にしてしかも、無料でもらうことが出来るところがあります。
それがフランチャイズビジネスのポータルサイト!
実際に、移動式カフェを運営している企業がフランチャイズでビジネスをしてみたい!という方むけに資料を作成しているので移動式カフェなどの運営ノウハウとしてはとっても参考になりますよ!
もちろん、フランチャイズでビジネスをやりましょう!と言っているのではありません!
もらえる資料はもらって参考にしましょう!ってことです。
集客や開業にかかる費用などいろいろ参考になるリアルな数字も把握できるので、けっこう勉強になりますよ!
ちなみに、ココ↓とかけっこうカフェ関係のフランチャイズも多いですよ!
独立開業をする前にフランチャイズ100社を比較!資料請求無料

こういった、無料で手に入る資料を上手く使って、移動式カフェの開業を目指してみましょう!

移動式カフェに適したメニューってあるの?

移動式カフェをはじめる場合に、まずは店舗でのカフェと同じようにカフェのコンセプト、そしてそのコンセプトにあったメニューというものを考えなくてはいけません。
移動式カフェにあったメニューってあるんでしょうか?
移動式カフェになると、キッチンスペースも限られるので、お客様に提供できるメニューもなんでもOK!というわけにはいかないと思うかもしれません。
もちろん、大きめの車両をつかったフードトラックを選んで、仕込みなどは別の場所でおこなうようにすれば、メニューも制限なく提供することも可能にはなります。
ただ、個人でゼロからスタートになると、まずは初期費用をできるだけ抑えて開業したいですよね。
となると、軽トラサイズやそれに近いサイズの移動車を選ぶのが現実的。
そう考えると、やっぱり移動式カフェでのメニューは慎重に考えた方がいい?って思うかもしれませんが、今ではレンジや保温性能が優れた機材が多いので、ある程度のメニューであれば省スペースで提供は可能になっています。
そうはいっても、手間のかかりすぎるメニューでは一人のお客様にかかる時間がかかりすぎて、利益を上げるのが難しくなってしまう危険性があります。
移動式カフェを利用するお客様というのは、出店する場所にもよりますが、ほとんどの場合”早く!”ということがポイントになってきます。
こだわり抜いたメニューを30分待って買うよりも、そこそこ美味しいモノをすばやく手にして食べたい!というニーズの方が強いです。
なので、あまりに手間、時間がかかるようなメニューは適さないといえるでしょう。
カフェのメニューでいえば、コーヒーなんてのはコンビニにもあるようにコーヒーマシンでできたてをすぐに出せるようにしたほうがいいですよね。
コーヒーにこだわりがあるからといって、水出しコーヒー専門でゆっくり時間をかけて!というのは、ちょっと厳しい。
なので、移動式カフェのメニュー選びでは、効率よく、お客様を待たせない、省スペースで手間なく提供できるものを選んだほうがいいですね。

コメント