食材の仕入れ先は地元の三河屋さん?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カフェにとって食材等の仕入れルートは生命線です。
あなたのカフェの規模にもよりますが、ほとんどの個人経営のカフェは、最初はスーパーや地元の商店街で仕入れているようです。
最初はどのようなルートで仕入れるにしても現金での仕入れとなります。
(最初からツケで売ってくれるようなお店はありませんからね)
ですから、どのお店で買っても同じようなモノだと思われるかもしれませんが、僕個人としては、可能であれば、出来る限り、地元の商店街の八百屋さんや肉屋さんといった個人店で購入することをおすすめします。
理由は、地域の人たちとのつながりが出来るし、新鮮なものが手に入りやすい。
しかも、仲良くなれば“オマケ”をつけてくれることもあるからです。
ほかにも、仲良くなって、あなたに信用が付けば、場合によっては支払いを“ツケ”にしてくることもあるし、何よりその人たちが、自分の店のお客様になってくれますからね。
さらに、そういう人たちは自分のネットワークを持っている場合が多いので、いろいろな情報を手にいれることができます。
サザエさんに出てくるような“三河屋さん”のように情報を多方面に発信してくれることもあるので、うまくつきあえばあなたのカフェの宣伝もかってにしてくれます。

新しい、特殊な食材の仕入れ先

香辛料や調味料など特殊なものは、地元ではなかなか手に入らないことがあります。
そのような時は、製造元や販売代理店が分かればそこに直接連絡して、少量でも卸してくれるように交渉をします。
だめもとでとにかく交渉あるのみです。
最近は、ネットで調べれば高い確率で欲しい情報にたどりつけるので、あとは粘り強く交渉を続けることです。
食材メーカーや販売代理店も近頃では、販路拡大のため個人店とも積極的に取引をするようになってきています。
そういう面では、意外と取引はやりやすいかもしれません。
支払条件については、最初は当然、現金払いになるでしょうが、その都度きちんとした対応をしていれば〆払いってこともできるかもしれませんから、そういう支払いはきちんとやっておくことです。
支払いをしっかりすれば、それが信用となるわけですからね。

安全な食材の仕入れ先

“当店で使用している野菜は、契約農家から仕入れた
有機野菜のみですから、安心してお召し上がりいただけます”
なんて宣伝文句を掲げているカフェも増えてきましたよね。
こういう安全な食材を使うということは、これからますます多くなってくるかもしれません。
でも、だれでもこういう有機野菜農家と契約ができるわけじゃないですよね。それなりに費用もかかるわけですから。
それでも、そういう安全な野菜などを使いたいのであれば、一番いいのは、自分で畑を耕し、そこで採れたものを使って調理をすることです。
     
実際、そういうカフェって増えているんですよね。地方に行くと。
特に、最近はパン屋さんでそういうお店が増えています。
なんでこんな田舎に?と思えるようなところにあるんですが、逆にそういう本格的なパン屋さんというのは、今までそんなところにはなかったわけですから、地元の人にとっては、美味しい焼き立てパンが食べれるということで、大評判だったりするんです。
同じように、カフェでもなんでこんなところに?というような場所にお店を構え、使っている食材も、裏の畑で採れたとれたての無農薬野菜だったりするんです。
それだけでも、お店の“ウリ”になりますよね。
最近は、田舎暮らしのTV番組が好評だったりして、田舎暮らしが見直されていますよね。
もしあなたが、そういう田舎暮らしをしながらカフェを経営するということをお考えなら、
ど素人が農業で田舎暮らしを実現する唯一の方法
というものがあります。
農業ど素人が、土地なし・金なし・技術なしからでも、農業で田舎暮らしを実現する方法が書かれています。
これから、食糧不足というものが懸念されますから、自給自足っていうのもいいかもしれませんね。
ちょっと、話がずれましたが、そういう野菜などを仕入れる方法は、他にもあります。
最近はネットで野菜でも魚でも肉でも購入することができますよね。
例えば、“子供に安心して食べさせられる食材”をコンセプトにしたした無農薬、無添加食材の宅配 や農協が運営しているサイト、それに魚であれば、水産大手の中島水産が運営する中島おさかなクラブ で新鮮な魚を取り寄せることもできます。
まぁ、こういうサイトはたくさんあるし、お取り寄せのサイトを含めれば、いろんな食材をお店にいながら手に入れることができますよね。
一つ不安なのは、やはり届いてみないと安心できないという点でしょうか。
まず、必要なときに届くかどうか不安ですし、自分の目で見てモノを選んでいるわけではないですから、そういう面でも不安はありますよね。
相手も、信用をなくすようなことはできませんから、それほど心配することもないんでしょうが。

コメント