カフェ作りに欠かせないインテリア選び

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カフェの一番の魅力は、おしゃれな雰囲気を演出するインテリア。
インテリアは、あなたの思い描いていたカフェを表現してくれるものの一つですよね。
        
アジアン家具で統一したり、北欧の家具でスマートな空間を演出したり、南国をイメージした家具を使ったりと、イメージはどんどん膨らんで一番楽しい瞬間でしょう。
まさに、自分の思いをやりたいように出来るカフェの醍醐味かもしれません。
妥協することなく自分のスタイルを追及していきましょう。
ただ、インテリアはあなたのコンセプトを表現する大切なところであると同時に、お客様がそのカフェを好きになるか、嫌いになるかという営業面でも大切な要因になってくることも十分に理解しておく必要はあります。
いくらおしゃれにしているつもりでも、お客様にそれが受け入れらなくては、売上げにならずお店を続けていくことは出来ません。
やはりバランスというものが必要になってきます。
いくらおしゃれだからといって、座り心地の悪いイスやソファではお客様も疲れてしまうし、色のコントラストもお客様がリラックスすできるかどうかなど、非常に重要なポイントになってきます。
ごくまれに、食器の類、それ自体はとってもポップでかわいいものだったりするんですが、テーブルや内壁との配色や食器同士の配色がめちゃくちゃで、視覚的にどうも疲れてしままうお店があったりします。
出来る限り、店内の調和を心がけてお客様が“くつろげる”雰囲気をつくるようにする必要がありますよね。
僕が気に入っているカフェの一つに、ソファをはじめ、家具類のほとんどが中古品で、しかも、不揃いというカフェがあります。
オーナーに話を聞くと、最初、米軍基地からの払い下げ品を手に入れて、それをベースにしたインテリアにしようと思っていたらしいのですが、予算が足りず、どうしようかと悩んでいたら、知り合いから
 「古い応接セットがあるんだけど」
と話があり、実物を見たら案外立派で座り心地もよく、ベースになる家具類とマッチしていたので、迷わずこのソファをお店に置くと決めたそうです。
それからのカフェインテリアは、もちろんこのソファたちが中心。
今度は古い家具を探すのに苦労したそうですが、予算的はずいぶん助かったそうですよ。
古いものでも上手くコーディネートすれば居心地のいい空間が、しかも安上がりで出来るものですよね。
食器類もあなたのカフェの価値観やこだわりを一番表現しやすいものです。
できれば、扱いやすくて壊れにくいものを選ぶのがポイントですが、どこにでもあるような食器ではお客様も魅力を感じませんし、あなたらしさを表現できないかもしれません。
しかも、お客様が直接手に触れるものですから、とくにこだわってじっくり選びたいものです。

コメント