カフェの店舗デザイン、内装外装の工事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

店舗物件が決まれば、次は内装・外装、水周りや配線などの設備工事。
店舗の平面図などは基本的に不動産屋が持っているのでその写しをもらってレイアウトなど内装について考えてみたらいいでしょう。
最近は、専門業者でなければわからないような電気・配管以外はすべて自分たちでやる人たちも増えてきています。
自分たちでやれば出来上がったときの達成感や思い入れが違ってきますし、自分らしさを表現できるのでこだわった店作りをすることができます。
しかも、自分たちでやればその分お金が浮きますから、手持ちの資金に余裕がない人にとってはいい手段というか、是非トライしてみるほうが良いと思います。
しかし、一歩間違うと自分のイメージと違い安っぽい雰囲気になってしまいかねないので要注意です。
また、自分で内装等をやる場合一つ気をつけなくてはならないことがあります。
それは、
  “内装工事中も家賃は発生している”
ということです。
つまり、お店はオープンしてなくても(売上は上がらなくても)家賃は払わなくてはならないということです。
あまり、マイペースで作業をして、オープンが遅れれば遅れるほど無駄なお金が出ていくわけです。
しかも、業者に任せていれば、その間あなたは他の準備をおこなうことができますが、あなた自身がペンキやカナヅチを握っている間は他の準備を進めることが出来ないので、その分オープンが遅れることにもつながります。
やはり理想的には、自分たちの“思い”をしっかりと受け止めてくれる専門の業者に設計から施工までをお願いするのが一番いいでしょう。
専門業者に知り合いがいないとか、費用がかかりすぎるんじゃないかと心配かもしれませんが、業者によっては低予算で出来るだけこちらの希望にそってやってくれる業者もいるので、諦めずに探してみましょう。
その際には、自分の行きつけのカフェのオーナーや、デザインが気に入っているカフェのオーナーに「こういうカフェを開きたいんだけど」と相談して、業者を紹介してもらいましょう。
よほどのことがない限り、心よくアドバイスしてくれるはずです。
しかも、紹介であれば業者も紹介してくれた人の信用にもつながるので、いい加減な工事をやりにくくなります。

見積もりは最低3社からとる

内装工事を業者に任せることにしたら、複数の業者、最低でも3社から見積もりをとるようにしましょう。
何社かの見積もりを見れば、工事費のおおよその目安がつかめます。業者によって見積もりの形式も違うし、大雑把な費用だけを見積書に記載してくるところもあります。
見積書は必ず項目ごとに詳しい見積もりを出させ、しっかりと納得いくまで説明をきき分からない事はそのままにせず分かるまで話し合いましょう。
相手はプロかも知れませんが、今作ろうとしているカフェのイメージを一番掴んでいるのはあなた自身です。妥協することなく思いをぶつけていきましょう。
また、ちょっとの値段の差でも出来上がりが大きく違ってくる事もあるので、金額だけに気をとられず、各内容をしっかり確認しましょう。
そして、多少金額が高くても、無理な要望にも誠意をもってこたえてくれる人や本気になってアドバイスをしてくれる業者を選ぶことが納得のいく店をつくることにつながります。
ましてや、あなたの要望も聞かず、いいかげんな対応をする業者は、いくら値段が安くてもあなたの望むカフェには仕上がらないでしょう。
それでも業者を決定するのを迷ったら、その業者の実績を見てみるのがいいでしょう。
その業者がそれまでに担当した店を見学させてもらい、自分の感性と合うかリサーチしてみるといいでしょう。

つくりたいカフェのイメージを伝える

業者には自分のイメージは伝わりにくいものです。どんな些細なことも写真や絵など目に見える形で伝えるようにしましょう。
抽象的なイメージでは、業者も自分が持っているイメージに置き換えて判断してしまいますので、結果として業者も自分のイメージどおり仕上げたけど、あなたにしてみれば
「イメージと違う」
ってことになりかねないのです。
また、内装の話をするとどうしても客席を中心に話をすすめてしましますが、厨房やスタッフの動線ということを忘れてはなりません。
作業効率を考えた店作りも合わせて考えるようにしましょう。
そのためにも業者に店のメニューはどういったものが中心になるかを伝えましょう。
カフェのスタイルによって、厨房の広さや動線が違ってきます。業者にはしっかりとした情報を伝え、アドバイスを受けながら話し合うようにしましょう。

コメント