カフェに必要な設備とレイアウト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カフェをはじめるとなると、お店で使用する、冷凍・冷蔵庫、製氷機、シンク、ガスレンジ等など、さまざまな設備機器が必要になってきます。
設備機器は、お店で出すメニューによって取り揃えるものが変わってきます。
コーヒー一つとってみても、コーヒーを淹れる方法を、ドリップ式にするかサイフォンにするか、あるいは本格的な業務用マシンを使ってエスプレッソやカプチーノを出すのか、それによって購入する機材も変わってくるし、店の規模や形態によっては購入する台数も変わってきます。
さらに、食事メニューの内容も、簡単な本格的な調理を必要としない、軽食メニューにするのか、よりこだわったランチを出していくのか、それとも得意のデザートを中心にするかによっても必要となる設備は全く変わってくるんです。
本格的な料理な料理やパン、デザートをメニューに入れるのであれば、オーブン設備なども当然必要になってくるし、作業用のテーブルやモノによっては、コールドテーブルなども必要となってきます。
このように、メニューというのは、お店作りにおいて大きなウェイトを占めてきます。
しかも、必要となる設備によってはキッチンの動線を含め、配置場所の問題にもなってきて、お店作りに大きな影響を与えてしまいますので、内装工事をはじめる前に、十分考えておきましょう。
カフェに必要な主な設備と備品


冷凍・冷蔵庫 食品を保存する為に必ず必要。
料理メニューによって必要となる
大きさは変わってくる。
製氷機 夏場は氷の需要が非常に高くなる。
出来れば、大容量のものが便利。
シンク 食器などを洗う場所
ガスレンジ コンロの口数も重要な要素
作業台 調理作業台とは別に、料理・デザート
などを盛り付けをおこなう。

コーヒーマシン

エスプレッソマシン

お店の規模やコンセプトで必要となる
コーヒー抽出器具は異なるが、本格的
マシンは用意しておきたい。
ジューサーミキサー ドリンクを店の売りにするなら必要
食器棚 カップやお皿など食器をしまう場所。
保健所のチェックでも、扉がないと
かなりうるさく言われます。
オーブンレンジ 本格的料理やパン・ケーキをメニューに
入れるのであれば必要。
炊飯器 ランチや食事を出すのなら必要

設備機器のそろえ方

これらの設備機器は、飲食業関係の雑誌などに広告として載っていますから、直接そのメーカーに問い合わせをしてみるのもいいですし、最近ではこういう設備機器を飲食専門のリサイクル店で購入するというケースもかなり増えてきていますので、最初から専門のお店に行くのは、気が重いという方は、そういうリサイクル店を覗いてみるのもいいでしょう。
飲食店専門のリサイクル店は、タウンページなどで調べてみてもよくわかるのですが、数年前に比べ、格段に増えてきてます。
これは、飲食店を開業する人が増えたということと、その反面、あえなく廃業してしまった人もそれ以上に増えていて、開業・廃業のサイクルが非常に早くなってきているという事が、いえるかもしれませんね。
しかし、それだけに、中古といえども意外に良質なモノが揃っていたりします。
「これホントに中古?」って思えるような設備なども中古ということで格安で手に入れることが出来ちゃいますから、お金をかけずに開業をしたい人は、リサイクルを使わない手はないでしょうね。
とはいっても、中にはやっぱり、怪しいモノもたくさんあることも確か。
中には、使用してみると、すぐに故障したり、不具合が生じるなどの問題が出てくる場合もありますから、購入する際には、リサイクル店以外の厨房機器店を見て回り、どういう点に注意した方がいいかなども事前にチェックしておくようにしましょう。
そして、購入の際には、保証やアフターサービスなどをしっかり確認し、そういったことにもちゃんと相談にのってくれるようなお店を選びようにしたほうがいいでしょう。
(中には、取り付けをしてくれるところもありますからね)
先ほどもお話しましたが、こういうお店は、タウンページ以外にも、インタネット上で簡単に探すこともできます。
そういうホームページで、設備やその価格が掲載してあることもあるので、そういう情報を目安程度でもいいので、確認しておく方がいいと思いますよ。
あと、設備というわけじゃないですが、カフェ開業、経営する上で欠かせない資格として食品栄責任者資格がありますが、責任者を表記するプレートも書かせませんね!

コメント