カフェの名前を決める!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「カフェの名前? 
そんなのもう、決まってるよ~」

なんて人は、このページは特によく必要はないかもしれませんが、そのカフェの名前、本当に、それで大丈夫ですか?
なんて言い方をすると、ちょっと気になったりしません?
まぁ、そんあことはさておき、カフェの名前はとっても重要!
カフェオーナーにとって、カフェはある意味子供のような存在ですからね。
その子供の名前を適当につけるわけにはいけません。
しかし、カフェの名前は、まさにお店の顔といってもおかしくない存在でしょ?
お客様だって、あなたのお店に行くとき、
「ねぇ、今日のランチ ○○カフェにしな~い?」
なんて感じで、必ずお店の名前が呼ばれます。
だから、お店の名前というのはとっても重要。
しかも、お店の名前というのは、この世でたった一つしかない貴重な名前であり、お店のイメージを印象付けるものです。
だから、妥協したり、適当につけるのではなく、とことんまで考えて愛着のある何度口にしても嫌にならない、そんな名前にしたいですよね。
でも、だからといって、そんなに難しく考える必要はありません。
お店の名前に正解なんてありませんから、あなたが
“ 最高にハッピーだぜ~!”
って思える名前で大丈夫。
      
とはいっても、いくらあなたが最高にハッピーと感じても、お店の前を通る人やお客様は不快に感じるような名前を避けたほうがいいでしょう。
やっぱり、みんなに愛されるお店にしたいでしょ?
であれば、そういう名前をつけるように考えましょう!
で、いざ、名前をつけるとなると、けっこう悩むんですよね、コレが。
やっぱり、そのお店の名前に秘めた想いなんかを書き綴っていくと、けっこういい名前が思いついたりします。
それに、“どうして、お店の名前コレにしたの?”なんてお客様から聞かれたときに、そのストーリーなんかを語れるとかっこいいですよね。
だから、そういったものと併せて考えると楽しいですよ。
なかなかいいアイデアが浮かばない場合は、好きな映画や音楽、地名、人名、好きな言葉なんていうのもいいですよね。
そういうモノを書き出して、変換してみるといいですね。
英語にしたり、フランス語にしたり、イタリア語にしたり、漢文というか古典的な言い回しにしていくうちに、すごく心に入ってくる言葉が見つかってくるはずです。
こればかりは、正解というのがないですから、自分の直感に頼るしかありません。
自分自身に問いただして、直感で決める。
そして、いくつか候補を出して、信頼できる人たちにその名前を見てもらって意見を言ってもらったり、実際に電話を取るときをイメージして、その名前を言ってみたりすると、実感が沸いてくると思います。
中には、お店をやるのも決まってないのに、お店の名前を考えて仕方がないという人がいるかもしれませんが、意外や意外、名前を考えると、自分のカフェのイメージが一気に盛り上がってきたりするものなんです。
それまでは、なんだかイメージが湧かなくて、一歩踏み出せないでいた人も、お店の名前を考えていたら、カフェへの情熱が沸きあがってきたり、カフェ開業へ現実味を感じられるようになるものです。
ですから、カフェをやりたいけど、迷っているような人は、まず自分のカフェの名前を考えてみる。
そうすれば、自分の方向性も見えてくるかもしれませんよ!

コメント