料理に使う安全な食材の仕入れ方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

食品の偽装や、冷凍食品の農薬混入問題など、食にまつわるニュースが流れ、消費者も食への安心・安全を求め始めています。
実際、カフェを営業するとなると、食事メニューを提供する場合は、当然のことながら、食材を仕入れなくてはなりません。
このサイト、カフェズライフの中でも食材の仕入れに関する内容を書いていますのでそちらも参考にしてもらいたいと思います。
カフェの中には、コスト面から考えて、冷凍の食材を利用しているお店もけっこうありますよね。
そういうお店にとっては、このニュースは無視できない大問題ですよね。
僕のお客様の中には、食品卸の会社から仕入れることが難しいこともあって、近くの業務用品スーパーなどで冷凍食品を仕入れているオーナーさんがいらっしゃいました。
とりあえず、今使用している冷凍食品には問題がないので、その冷凍食品を使い続けていますが、やはり、今後のことを考えると悩みは大きいようです。
では、どうするか?
でも、実際には冷凍の物を止めて、生食のモノを使って調理し、お客様に提供するとなると、どうしてもコストが高くついてしまいます。
コストが高くつくと、メニューの料金を値上げするか、利益が減るのをガマンするか?、それとも、どこか他の部分でコストカットするか?という方法しかありません。
どれもお店にとってはキツイことですが、実際問題、そういうことも今後考えていかなくてはならない問題になってきているんですよね。
個人的な考えでは、これをチャンスと見て、食の安心・安全にこだわったお店作りをしてみるのもいいのでは?と思ったりもします。
一度に全てのメニューを安全な食材に切り替えるのは、厳しいでしょうから、段階を踏みながら、少しづつそういうメニューを増やしていく。
そうすれば、価格設定などもお客様の注文状況などをチェックしながら決めることもできますから、反響がよければ次々と商品を投入していくこともできますよね。
こういうのをテストマーケティングと言いますが、その中には、普通にメニューとして出すのではなく、POPやメニューの名前なども併せてチェックするとより効果的ですね。
では、そういう食材の仕入れはどうするか?
本来であれば、信用のおける農家さんなどに直接仕入れをお願いするのがいいのでしょうが、それが難しければ、最近流行の産直市などを上手に活用するといいですね。
あとは、地元の八百屋さんなどと仲良くなっていれば、いろんな仕入れルートを教えてもらえたりすることもありますよ!

コメント