フランチャイズでカフェや喫茶店をはじめる方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フランチャイズでカフェを経営するといっても、いまいちピンとこないかもしれませんね。
一般的にフランチャイズといえば、一番最初に思いつくのが、セブンイレブンやローソンといったコンビニエンスストアなどではないでしょうか。

「独立・開業しやすかったから」

答える方が多いです。

フランチャイズが独立開業しやすい理由とは?

でも、どうしてフランチャイズだと、カフェや飲食店の独立・開業しやすいんでしょうね。
理由はいくつかありますが、フランチャイズ化するお店というのは、最初に始めたお店が軌道に乗り、多店舗化することで、出店・店舗の運営ノウハウが出来上がっています。
ですから、新たに事業を起こそうとする人に、その業種・業態のノウハウや経験がなくてもそのノウハウを使うことで誰もがそのお店と同じことを出来るわけです。
しかも、個人で営業するにしても、お店の店名や、外装内装、ロゴなどは、そのフランチャイズ店と同じですから、お客様にはアピールしやすいですよね。
まぁ、例えば、2軒同時にカフェがオープンするとしますよね。
一つは、あなたが個人で始めるカフェ。もう一つは、スターバックス。
スターバックスジャパンは、基本的にFCは行っていませんけど、まぁ、例えとして。
この2つのカフェがオープンしたとして、それほど苦労もしないでお客様を呼べそうなのはどちらですか?
といわれれば、間違いなく、スターバックスですよね。
つまり、まったく、見たことも聞いたこともないお店を開くよりも、すでに知名度のあるお店を開いた方がお客様を引き寄せるのに有利ということですね。
他にも、広告宣伝をフランチャイズ本部が代行・協力してくれたり、経営のサポートを受けることが出来たりするなど、フランチャイズにはそれなりのメリットがあるわけです。
でも、だからといってフランチャイズはいいことばかりでもありません。
次は、フランチャイズのデメリットについてみていきましょう。
    
>> フランチャイズのデメリットとは?

スターバックスコーヒーのフランチャイズについて

このページの冒頭で、フランチャイズで運営できるカフェや喫茶店の情報を紹介しました。
誰もが知っている有名店などもフランチャイズ展開をしています。
で、カフェをフランチャイズで経営するなら、やってみたい人も多いであろうカフェが、”スターバックスコーヒー”じゃないでしょうか?
日本人は、スタバ好きの人多いですからね。
ですが、上でも紹介しましたが、スターバックスって、今のところ、フランチャイズ展開って、基本していないんですよね。
フランチャイズ展開ではないですが、ライセンス事業というのはおこなっています。
ライセンス事業って何?ってことなんですが、わかりやすいところでは、空港とか駅、高速道路のSAとかにあるスタバは、このライセンス事業で運営されている店舗なんだそうです。
だから、個人の人がスタバと契約を結んで出店するということは、現時点ではできないようになっています。
自分がスターバックスのオーナーとかだったら、ちょっとかっこいいんですけどね。
さすがに、これは難しいみたいですね。

コメント