カフェをはじめるのに役立つ資格にはどんなものがあるか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「カフェをはじめる上で役に立つ資格って何かありますか?」
こういう質問は、本当によく受けます。
ここでいう役立つ資格は、こちらのページ→『“ノウハウコレクター”になってしまうのでは、もったいないと僕は思っています。
その知識やスキルを活かしてこそ、カフェ経営に役立つ訳ですからね。
とはいうものの、
“何も知らない”、“何のスキルもない”
ということでは、やはり個人でカフェをはじめることはできませんからある程度、カフェに必要となる知識やスキルというものは身につけておかなくてはなりません。
例えば、コーヒーの淹れ方一つ知らないようでは、お客様が満足するサービスを提供することはできません。
まさか、
  
「ウチは、インスタントコーヒーです!」
なんてことは言えませんよね。(そんなことは言う人はいないでしょうけど)
たとえ、コーヒーマシンを使うにしても、コーヒーの特徴や豆の管理、一般的なコーヒーの淹れ方くらいは知っておくほうがいい、というか知っておくべきです。
そういう意味で言えば、コーヒー豆の知識、焙煎から入れ方までの基本はスクールに通ったり、もし知り合いに焙煎店などがあれば、そういう方に話を聞いてみるとかした方がいいですよね。
最近は、コーヒーの資格が取れる!
コーヒーコーディネーター養成講座なんてものもありますから、こういったものを上手く活用してみるのもいいと思います。
こういった資格は、コーヒーだけではありません。
コーヒー以外にも、紅茶の知識や技術が学べる紅茶コーディネーター養成講座ってモノもあります。
コーヒーも紅茶も、コンセプトにもよりますが、無くてはならないメニューの一つですよね。
料理だってそう。
  
あなたのカフェで“カフェ飯”を出そうと考えているのであれば、やはり料理に関するそれなりのスキルは必要ですよね。
料理が得意な人にとっては関係ないかも知れないけど、やはりお店で出すメニューというのは、お客様の求めるものにしなくてはいけませんから、そういった知識も学んだ方がいいかもしれません。
このように、カフェを経営する上では、カフェを総合的にプロデュースする知識やスキルが必要となるわけです。
そこで最近注目されているのが、
“フードアナリスト”
このフードアナリストは、日本フードアナリスト協会が実施する講座で、食全般に関わる知識はもちろん、レストランなどの食空間やインテリアなどについても詳しく学び、店舗全体をトータルで理解できるようになります。
フードアナリストの内容と資格取得方法(フードアナリスト協会公式HP)
  
カフェを経営するのに役立つことは、いうまでもなく、レストランなど飲食店の格付けや、飲食店の取材・レポート、執筆、覆面調査員としての店舗調査、さらには、その知識を生かして、接客サービス、メニューの開発、店舗設計などの店舗プロデュースなど、活躍の場は多岐に渡ります。
さらに、国家資格の管理栄養士、栄養士、調理師の資格があれば、ダブルライセンスで活躍の場はさらに広がるわけです。
この資格を取るのは、そんなに難しいことではないようですが、専門の講習を受けるなどの決まりはあるようです。
また、新しいところでは、忙しくてカフェスクールなどに通っていられないという人向けに、通信講座でカフェオーナーに必要な知識などを学んでもらおうという講座も出てきています。
その名も、まさしく、
「カフェが好き」な人から「カフェオーナー」を目指す人までカフェオーナー養成コース
ベタですね~~。
     
まぁ、確かにそのまんまのネーミングですけど、カフェの店舗設計を数多く手がけてきた実績から、繁盛するカフェの店作りやあり方など、そのノウハウは豊富です。
店舗レイアウトなど、カフェ設計の現場で培われた、より現実的で、失敗しないカフェ作りのノウハウ、そして、お菓子やカップ等の仕入れ方やコーヒーの煎れ方・豆の知識など、カフェ経営に必要なノウハウも併せて学ぶことができちゃいます。
このように、カフェ経営に関する資格は、国家資格、民間資格含め数多くあります。
他にも、野菜を使ったカフェフードや人気のオーガニックフードなどと合わせてカフェ開業などのノウハウも学べる『ナチュラルフード講座』というのも人気になっています!
詳しくは↓
ナチュラルフード講座
そのなかで、自分が目指すカフェに近づけるためにどんな資格をとればいいかをよく考え、修得していけば、きっとあなたのカフェ作りに役立つはずですよ。

趣味や特技を活かしたカフェも人気です

ここまでは、カフェをはじめる上で持っておくとカフェ経営に活かしやすい資格などについて紹介してきました。
これ以外にも、カフェのコンセプトによっては飲食の技術的な資格じゃなくて、趣味や特技などに関する資格があると他のカフェとの差別化ができて、コアなお客様を集客することができるというケースもあります。
最近は、カフェと教室のようなものがセットになっていたり、あとは個人的にハマっているのですが、ボルダリングとカフェがミックスされたような店舗形態なんかもあったり、正直、なんでもカフェをくっつけることができちゃいますよね。
ボルダリングであれば、やっぱりインストラクターの資格があったほうがいいでしょうし、手芸カフェとかミシンカフェなんてのもあったりしますが、裁縫関係の資格などがあれば、カフェで教室を開いて教える!ってこともできますよね。
もちろん、自分自身は資格を持っていなくても、資格を持っている人を講師に招いてレッスンとか講座などを開くということもできます。

猫カフェやフクロウカフェなど動物系の癒やしカフェ開業での資格は?

趣味の領域となるのか?ってのはありますが、最近は、猫カフェはすでに珍しいものじゃなくなってきましたが、フクロウカフェとかカメレオンとか爬虫類カフェみたいなものもありますよね。
僕は、爬虫類系はちょっと苦手なんだけど、好きな人はほんとに癒やされるっていいますよね。
フクロウカフェもはじめての店舗がオープンしたときは、びっくりというか物珍しい感じでしたけど、今では、いくつものふくろうカフェができたりしています。
自分の家では飼えないから、こういう動物系のカフェで思う存分ふれあいたいってニーズは一定数あるものですよね。
では、こういう猫カフェとかふくろうカフェなど動物を取り扱うカフェの場合は、食品衛生責任者以外でなにか資格って必要なのでしょうか?
動物を店舗内で取り扱う場合は、動物取扱責任者という資格が必要になります。
動物取扱責任者といっても国家資格ではないので、比較的かんたんに取得することはできます。
通信講座でも動物取扱責任者を取得できる講座があるんですよ!
それが、『ペット専門通信資格【日本ケンネルカレッジ】』
公式サイトはコチラ↓

もちろん、動物取扱責任者に関しても、自分が取得しなくても資格を持っている人をカフェでの責任者ということにすればOK!です。

コメント