カフェをはじめるために彼女が仕事を続けながら取得した資格

スポンサーリンク
スポンサーリンク

すでにお話をしましたが、カフェの開業にあたって必要となる資格は
  
 『食品衛生責任者資格』
です。
これ以外に特別な資格が必要というわけではないのですが、栄養士や調理師、製菓衛生士などの資格があれば、申請をするだけで手にすることができるという
こともあって、これらの資格を現在のお仕事をしている間に
 “取得しよう!”
という方が増えているそうです。
これは、ただ単に『食品衛生責任者資格』が楽に取れるというだけではなく、将来の計画も含めて取得されているようです。
カフェをはじめるといっても、実際に自分でカフェをつくりはじめるには経験も知識も少なすぎると感じている人にとっては、カフェの現場での体験はとても貴重なものになります。
とはいっても、カフェの現場で働こうと思っても(特に調理に関する部署で)なかなか厳しいものがあります。
しかし、調理師の資格があれば、結構そのハードルは低くなってきます。
さらに、資格がなくとも、調理師の資格を取得途中であっても、同じように採用される可能性は高まります。
これは、実際に僕のところに相談のメールを下さったOLさんの話なのですが、彼女は、将来自分のカフェを持とうと計画していたのですが、何の知識もない
ということで、
  “調理師”
の資格を通信でとろうと思うのだがどうだろう?という相談してきました。
彼女にとって、この“調理師”という資格すら、あまりなじみのないものだったので、「簡単に取得できるものなのか」ということさえ、不安だったようです。
全く知識がないのであれば、最初は大変かもしれませんが、前向きに知らない知識を吸収してみようと思うのであれば、まったく問題ないと思いますよ、との
返事をしました。
彼女も事前に取り寄せていた“調理師”の通信講座の資料を読んで、多少安心していたのか、“頑張ってみます”と返事をくれました。
その後、彼女は、無事“調理師”の資格を取得し、今は飲食店の現場で修行をしているそうです。
今の職場に転職するときも“調理師”の資格があったため、すごくスムーズに転職することができたそうです。
現在、飲食業界というのは、新規のお店が続々開店したりして、かなりの
   
 “人手不足”
なんです。
かなりハードな仕事って事もあって、人がなかなか定着しないということも理由の一つかもしれませんが、経営者としては、任せられるひとを探しているようです。
話がそれましたが、“調理師”の資格というのは、カフェを開業する上で必ず必要というわけではありませんが、あると有利な資格であることは間違いありません。
しかも、調理師資格は、受験しやすい試験です。
飲食関連会社就職の際に、有利になることがあります。
    
調理師資格取得で得られる知識としては、食品をどういった形で調理すれば、吸収が良いのかといったことを学ぶ「栄養学」、その取扱いの不備によって
起こる食中毒などを学ぶ「衛生学」等があります。
食品の栄養、衛生、食中毒、適切な調理法など、関連分野の幅広い知識と理解が必要となる調理師資格は、ある意味、調理人の“腕”と“知識”の証明ともなるのです。
プロを目指すならとっておきたい国家資格の一つです。
調理師資格取得者は、社食や学校給食、レストラン、自分のお店をオープンするなどして、あらゆる現場で活躍していますからね。
とにかく、飲食に関する知識・情報を持っていない、または持っているかどうか不安という方や、自分のお店を持つ前に、ホテルやレストラン、調理関連会社への
就職をお考えの場合は、調理師資格取得を検討してみてはどうでしょう?
彼女が、仕事を続けながら取得した“調理師”の取得講座が、調理師講座(教育訓練給付制度適応)のユーキャン。
ユーキャン・トップページの右欄【資料請求(無料)】をクリック
          ↓
下の方、料理にある【調理師】のチェックボックスをチェック
          ↓
オレンジの【次へ(確認)】をクリック
          ↓
必要事項を記入すれば、資料が送付されてきます
実際に受講している人の意見だと、何といっても、フォローが充実しているようです。
CMでも流れていますが、売りっぱなしではないところが好評の理由のようです。
しかも、資料自体の内容も充実していますので、資料の内容を見てみるだけでも参考になるはずですよ。
        
とりあえず、資料をもらうだけはタダですから、ためしにどうぞ。
あっ、そうそう。
被保険者期間が5年以上の方であれば、教育訓練給付金の支給対象になりますよ。

コメント