コーヒーの仕入れ先の探し方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

では、実際にコーヒーを仕入れるとして、
“どこから仕入れるか?”、“業者はどうやって探すのか?”
とても悩むところですよね。
まずは、どうやって探すか?ですが、これの一番簡単な方法は、
“タウンページ”
を活用する方法です。
タウンページには、実に様々な業種の連絡先が掲載されていますから、探しものをするにはうってつけなんですよね。
で、そのタウンページの中から、
“コーヒー”、“コーヒー豆”、“喫茶店”
といった、キーワードで探してみると、そういう業者を見つけることができるわけです。
では次に“どこから仕入れるか?”ということになるのですが、一番簡単なのは、
“大手コーヒーメーカーから仕入れる”
というもの!
よく、カフェや喫茶店の看板などに
“UCC” “キーコーヒー” “CARAVAN” “三本コーヒー”
という会社名が出ているのを見かけますよね。
そういうお店では、ほとんどがその会社のコーヒーを使っているはずです。、
まぁ、上記のような会社は、言わずと知れた有名なコーヒー会社ですから、取引をするにしても、安心ですよね。
必要なときに必要な量を仕入れることはもちろん、多くの実績がありますから、カフェ経営における相談事に対して、適確なアドバイスをしてもらうことができます。
これは大きなメリットですよね。
いざ、カフェをはじめるとなると、分からないことだらけですから、誰かしら親身になってくれる相談相手が欲しいものです。
しかも、こういう全国に拠点がある大きな会社であれば、いろいろなお店も知っているので、自分がやりたいと思っているお店と似たお店を紹介してくれるかもしれません。
(上記の会社以外にもコーヒーを取り扱っている企業はまだまだたくさんあります。
 社団法人全日本コーヒー協会のHPをご覧下さい)
とはいうものの、コーヒーを特徴にしたお店を作ろうと思っているのであれば、これでは他の競合するお店との違いをはっきりさせることができませんよね。
そこで、最近ではこういう大手コーヒーメーカーの豆を使うのではなく、有名な自家焙煎店のコーヒーや、地元の自家焙煎店のコーヒーを仕入れているお店が増えてきました。
自家焙煎のお店はそれぞれが自分のお店の特徴を持っているので、いろいろな焙煎店に行き、自分に合うコーヒーを探してみるのもいいでしょう。
近頃では、こういう自家焙煎のお店が店舗の開店指導などを行っていることも少なくありません。
あなたの地元で開業している自家焙煎店などで話を聞いてみるのもいいでしょうね。
まぁ、どちらにしてもまずは、いろいろなコーヒーを飲んでみることからはじめてはどうでしょう?
自家焙煎店のコーヒーを購入して自分で飲んでみるのもいいし、そのお店のコーヒーを使っているカフェなどがあるのであれば、そのお店を教えてもらって、実際にそのお店に行き、味わってみるのもいいでしょうし、逆に、いろいろなカフェに行き、美味しいコーヒーにであったら、どこのコーヒーを使っているのかを教えてもらうのもいいでしょう。
自分にあうコーヒーが見つけられれば、それだけでもカフェをはじめようという意欲をさらにかきたててくれるくれるはずですから。
また、コーヒーの味もそうなのですが、できればコーヒーに対するそのオーナーの考え方などもじっくり聞き、その考え方に共感できるお店やメーカーを選ぶことをオススメします。
これは、ちょっとして考え方の違いでトラブルになってしまうことを防ぐためにも、是非しっかり検討してもらいたいと思います。

コメント