カフェ開業への資金集め 国民生活金融公庫編

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カフェをはじめる上で一番の悩み、それは、
 “資金”
ではないでしょうか?
もちろん、人によっては、資金はそれほどたいした問題ではないかもしれませんが・・・・。
( く~~っ、そんな人が羨ましい~っ! )
まぁ、それはそれとして、多くの人は、この“資金”面で自分の夢を諦めてしまったりしているんだと思います。
開業資金をすべて自己資金でまかなった人もいらっしゃいますし、家族からお金を借りてカフェをオープンさせたという人も結構いらっしゃいますが、
「そんなこと出来ないよ~」
というのがあなたの現実であれば、やはり、金融機関からお金を借りるしかないですよね。
このサイトの 開業資金はどうしたらいい? というページでも開業資金に関するお話をさせていただいてはいるのですが、なんだか物足りない。
本屋さんなどに並んでいる、カフェ開業に関する本などを見ても、お金の借り方に関して満足のいく説明がされてるものって少ないんですよね。
銀行や信用金庫、国民生活金融公庫(現 日本政策金融公庫)、・・・・消費者金融・・・・
いやいや、ダメダメ。(冷~)
(いくら、計画的に!って言われても、消費者金融はまずいですよ!まぁ、実際には 貸してはくれないだろうけどネ!)
とにかく、お金を借りる場所は分かるけど、具体的どのようにしたら借りれるのかっていうのは、借りた人しか分からないですよね。
銀行などで、“融資”の窓口があるのは分かるけど、そこで、普通に、
「カフェをはじめるのでお金貸してください!ニコッ!」
って言えばいいのかな~?
そんなふうにを思ったことはありませんか?
もしかして僕だけ?
実は、僕、まだ若かりし頃、(今でも若いつもりだけど・・・)これと同じようなことをした経験があるんです。
その時やっていた仕事に嫌気がさして、自分でバーでもやろうと思って、自分が住んでいる沿線の家賃相場などから、簡単な事業計画書(今考えたら恐ろしいくらいお粗末なモノ)を作って、銀行の融資窓口に行ったんです。
「お店を始めるので融資をして欲しいんですっ!」
「・・・・・・・・・・。」
一瞬の沈黙。
それから、詳しくお話を伺います、といってあれやこれやと質問攻めにあいました。
はっきり言って、完敗です。
しかも、最後に、
「お客様、もう少し具体的になったら、もう一度お越しください。」
といわれる始末。
まぁ、門前払いみたいな状態ですね。
しかし、これは知らないとはいえ、結構つらかったです。
んな具合で、お金を借りるなら、国民生活金融公庫(現 日本政策金融公庫)で!
っと言われてもどの窓口に行けばいいか分からない人もいるでしょう。
というわけで、僕、行ってきました。
 “国民生活金融公庫”(現 日本政策金融公庫)
何も分からない人になりすまして、“初心者なんで”っていう態で、いざ突撃!
                                     続きはこちら

コメント