移動式カフェをフランチャイズではじめる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いまや、移動式カフェは、街のいたるところで見かけるようになって、珍しいものではなくなってきています。
まぁ、一口に移動式カフェといってもいろいろなスタイルのものがあって、最近はコーヒーなどのドリンクよりも、食べ物の方がメイン!なんて移動式カフェもすごく増えてきていますよね。
やはり、店舗をもたくなくてもいいし、いろんな場所に行って出店できるということで手軽にはじめられるというのが移動式カフェが増えた理由のひとつでしょう。
  
さて、そんな移動式カフェですが、いざはじめるとなると車を用意したり、その車を移動式カフェ用に改造したりしなくてはいけませんし、実際に営業を行うとなるとどうやって営業許可をとったり、どこで営業をすればいいのか?ということに悩んでしまうことは少なくありません。
そんなときに助かるのが、フランチャイズスタイルでの移動式カフェの開業。
フランチャイズというと、コンビニとか飲食店とかいろいろありますが、お金がすごくかかるイメージがありませんか?
確かに、業界によっては、素人では無理だな!ってくらいの金額が必要になる場合もありますが、移動式カフェに関しては、ちょっと調べてみたけど、けっこう良心的です。
たとえば、起業応援雑誌の『アントレ』などで紹介されている、
移動カフェ Relax coffee   
移動カフェ スリーアローズ 街角カフェ    
 
などは、開業費用もかなり抑えられるような仕組みになっているし、高い売り上げも期待できる出店場所などのサポートもしてくれるので助かりますね。
(詳細は、各社の資料でご確認くださいね!)

フランチャイでの移動式カフェっメリット・デメリット?

そんなフランチャイズでの移動式カフェの開業ですが、自分で全てやるのと比べてどのくらいメリットがあるのでしょう?そして逆にデメリットにはどのようなものがあるのでしょう?
まず、メリットという面でいえば、フランチャイズは、営業のノウハウを教えてもらうことができるというのは大きなメリットですよね。
上で紹介した、リラックスコーヒーなどは、出店場所の案内、紹介などもしてもらえるし、集客方法や運営方法など、成功ノウハウなども伝授してもらうこともできます。
また、保健所への届出なども代行(有料)してくれたりするので、面倒なことはお願いする!ということもできます。
では、逆にデメリットにはどんなものがあるでしょう。
まずは、やはりフランチャイズフィーという加盟店料が必要になってくるという点。
自分でやる分には、そういう費用はかかりませんからね。
また、フランチャイズによっては、必ず自分の本部を通して食材などを仕入れなくてはならないケースもあります。
自分の味やコストなどから、独自のルートで仕入れをしたい!というときに、ネックになってきますね。
ただ、移動式カフェのフランチャイズによって、取引内容は全く違うので、複数の移動式カフェのフランチャイズ店の資料を取り寄せて、内容をしっかり吟味することが大事です。

コメント