カフェ経営は儲かる?売り上げとか、かかる人件費など抑えるポイント

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カフェをはじめたいと思っている人にとって、一番気になること、それは、
 
“カフェをオープンさせたのはいいが、本当に儲かるのか?”
ということではないでしょうか?
いくら好きな事を仕事にするとはいっても、売り上げや利益など、将来的な見通しは気になるところ。
で、カフェというビジネスは儲かるのか?ということですが、結論からいえば、
それはあなた次第です!
としか答えようがないですね。

カフェビジネスの実態

カフェ開業にかかる費用は、いろいろなパターンがありますが、最近の調査では、1,000万円から1,500万円位が相場って言われていますよね。
あくまでも相場なので、立地やお店の規模、内外装のレベルによって、高くもなれば安く抑えることもできます。
実際、出店地域が東京都内のど真ん中なのか?地方の郊外なのかよって、かなりの金額差になるのは当然といえば当然。
工夫次第でカフェ開業費用を抑えることもできますが、カフェを作るには費用がかかるということには間違いありません。
となると、その開業資金を回収し、さらに儲けを出していけるほどの売り上げをカフェであげていくことができるの?ってところが気になるところですが、僕のところにも
“カフェって本当に儲かるんですか?”
っていう質問がけっこうきます。
そういう質問に対して、個人的には、
   “儲かりますよ!”
って、答えています。
だけど、この言葉には、一言付け加えなければなりません。
“やりようによっては”
という一言を。
商売っていうのは何でもそうだと思うんだけど、そのやり方次第では儲かりもするし、やり方を間違えれば儲からないものですから。

カフェの売り上げと人件費などのコストをしっかり管理することが大事!

カフェビジネスは、おしゃれで華やかなイメージがあるのですが、カフェもやっぱりビジネス。
なので、経営を行っていく上では、数字の管理をしっかりおこなうことが大事になります。
カフェをはじめる上で、ある程度の売り上げのイメージというか、想定はしていると思います。

カフェの売り上げについて

カフェの売り上げは、
客数 ? 客単価
で計算できます。
何人のお客様がお店に来店されて、そのお客様がいくら飲み食いしてくれたか?というのが、売り上げですよね。
仮に、1日の平均客数が100人として、そのお客さんが平均してどのくらい飲食代を支払ってくれるか?という平均の客単価が800円だとしましょう!
すると、
100(1日の返金の客数)  ?  800円(平均客単価)
= 80000円
お客さんが一人あたり800円支払ってくれて、1日に100人くれば、1日の売り上げが8万円というわけですね。
これが、1ヶ月30日として、毎日カフェを営業していれば、1ヶ月の売り上げは240万円。
うひょひょ!って感じですか?
でも、これはあくまで売り上げ。
ここから、いろいろ差し引かれていくわけです。

人件費などはできるだけ安く抑えたい?

売り上げ金額から差し引かれるモノとして、店舗を借りていれば家賃、食材の仕入れ代金、水道光熱費、人件費などなどが差し引かれます。

カフェ経営繁盛の魔法 仕組みと法則そして成功
スポンサーリンク
makaniをフォローする
カフェズライフ

コメント