集客のための情報発信

スポンサーリンク
スポンサーリンク

突然ですが、あなたは、『インフォプレナー』や『情報販売』という言葉を聞いた
ことがありますか?
『インフォプレナー』は情報起業家と訳されるそうです。
ネットサーフィンなどをしていると、1度や2度は目にしたことがあるのではない
でしょうか?
簡単にいえば、“情報”を経営資源としてビジネスを行うことです。
別に、『インフォプレナー』や『情報販売』について、話がしたいわけではありませんよ。
そうではなく、これらのキーワード、“情報”が、今回のポイントです。
カフェと“情報”、この2つの間に何の関係があるのか、と思われるかもしれませんが、 
カフェにとって“情報”は、とっても重要な要因になるんです。
        
今あなたは、このサイトにやってきてこの文章を読んでいるわけですが、
(あっ、 ありがとう。
 このサイト訪問してくれて、しかも、僕の読みにくい文章を読んでくれて。
 ぅぅっ、嬉しい!!よかったら感想聞かせてね・・・。)
       
すっ、すみませんっ!、脱線してしまいました。
そう、あなたはこのサイトを訪れて、この拙い文章を読んでいるわけですが、
それは、どうしてですか?
暇つぶし?(えぇ-っ!ショック!!)
ただなんとなく?(これまたショック!)
     
おそらく、何かしらの情報を得るためですよね?きっと・・・。
わざわざ貴重の時間を割いているわけですから、有益な情報をゲットしたいですよね?
もし、このサイトが、あなたにとって有益の情報ででなければ、高い確率で、
あなたは、二度と僕のところへ訪ねてくることはないでしょう。(うぅぅっ、寂しぃ)
でも、これは仕方がないことです。僕だってそうですからね。
では、カフェの場合はどうでしょうか?
カフェを利用されるお客様は、基本的に、食事や飲み物を楽しむことが大きな目的
だといえるでしょう。
そういう意味では、“情報”は特に関係がないように思われます。
しかし、カフェというのは基本的に“待ち”の営業です。
こちらから、お客様のところに、売りに出かけることはできません。
(移動式は別ですよ。)
となると、お客様に来てもらうしか方法がないわけですよね。
つまり、新規客を掴まえるか、プラス、リピーターを作るしかないわけです。
そのときに、リピーターを作るには、“味”や“サービス”を体験してもらって満足して
もらえれば、リピーターになってもらえる可能性が高くなります。
しかし、新規客を掴まえるには、チラシを街頭で撒くとか雑誌に載せてもらうと
いったプロモーションをしなくてはなりません。
もしくは、偶然来店されることを願うしかないでしょう。
でも、これじぁ費用がかかりすぎるし、偶然を待つのはちょっと切ない。
ここで、“情報”の出番となるわけです。
情報というのは面白いもので、耳寄りな情報を聞くと、他の人に話さずにはいられ
なくなるものなんですよ。
あなたも、そんな経験ないですか?
     
「誰にも言っちゃだめだよ。実はね、○○から聞いた話なんだけど・・・」
とか、
 
「さっき、聞いた話なんだけど・・・・」
なんて会話をした経験が。
そうそう、主婦の井戸端会議みたいにね。
        
つまり、仮に、あなたのカフェで、おいしい情報をゲットしたお客様というのは、帰って、
他の誰かにその情報を話すというわけです。
あなたお店の宣伝を、そのお客様が勝手にしてくれるんです。
しかもタダで。
さらに、その情報の中に、あなたのカフェに行きたくなるような仕掛けをしていれば、
そのお客様は、近いうちにあなたのお店に来店してくれるんです。
「でも、そんな人に教えるような情報なんて持ってないしな~」
という方もいると思いますが、心配は要りません。
情報といっても、自分の趣味に関することでもいいし、自分がカフェを開いた経緯でも
かまわないわけです。
例えば、カフェをやるはじめる時点で、何かしら自分のポリシーというものがあるはず
ですから、それを情報として伝えればいいわけです。。
そう、ニュースレターにしてね。
僕の知っているお店では、カフェをオープンさせるまでの過程をB5くらいの紙に
まとめて(写真入)、ニュースレターっぽく使っているカフェもあります。
他にも、健康オタクなオーナーがいて、その人は、お店に来るお客様に身体にいい
水はどんなものかを説明したりしていて、それが評判になって、いろいろな場所で
講演なんかやりはじめたくらいです。
そのカフェは、お店の名前よりもオーナーの名前のほうが有名になっちゃって、
いまでは、「○○さんの店」って呼ばれています。
というように、情報はあなたの興味のあるもので構わないわけです。コーヒーの
ことでもいいし、食べ物のことでもいい、音楽のことだってかわまない。
そういえば、地域の公民館やホールで催される講演会や催し物をまとめて、情報
としていたお店もあったな~。
その人はただ、公民館や図書館などに置いてある催し物のチラシをもらってきて、
まとめてるだけなんだけど、その地域で面白い講演会なんかがあっても、宣伝が
されてなかったりして、やることすら知らないことって多いんですよね。
そういう時に、こういう情報があると重宝しますよね。
こんなの誰でも知っているだろうな~ってことでも、以外に知られていないことって
多いですから、気にすることはないと思います。
本屋さんにいって並んでいる本の内容を読んでみてください。こんなことでも、本に
なるのか~ってものたくさんありますよ。
僕のこのサイトだって、「知ってるよ、そんなこと」って思う人もたくさんいると思うし・・・・。
情報って、集めているだけじゃどうしようもないんですよね。僕なんかついつい
情報集めに走っちゃうんだけど、アウトプットしないと新しい情報ってなかなか
入ってこないんですよ。情報って自分だけで持っていても宝の持ち腐れになったり
活かしきれないんですよね。
でも、その情報をアウトプットすると、その情報に対する意見が聞けたり、こんな話も
あったよ!なんて新しい情報も入ったりする。
情報は発信した分だけ自分に返ってくるもんです。惜しまず出しちゃいましょう!

コメント