お客様に安心感を感じてもらう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイトルを見て、
「美容室?理容室?何じゃそりゃ?」
と思われました?
そりゃそうでしょうね。
カフェに関するサイトを見に来たのに、美容室やら理容室についての話を聞いても
仕方がないと思われるかもしれません。
でも、 “美容室” や “理容室” ってカフェビジネスにとって、とっても参考になる
ことがいっぱいあるんですよ。

最近の美容室・理容室は進んでいる?

ここ数年、僕が住んでいる街には、特に美容室の出店が相次いでいます。
「あっ、ここ工事してるな~?
 何か新しいお店でも出来るのかな?」
って思って、出来上がった店をみてみると、ほとんどが美容室。
あなたの周りもそうじゃないですか?
まさしく、“美容室戦国時代”とでも言いたくなるような状況です。
そんな業界ですから、ある意味、
“お客様の争奪戦”
が繰り広げられているんです。
一人でも多くのお客様を囲い込むために、それぞれの美容室は、あの手この手で
お客様にアプローチしています。
あなたが行っている美容室でも、いろんなサービスが取り入れられているかもしれ
ませんね。
例えば、飲み物。
少し前なら、飲み物といえば、コーヒーや紅茶、お茶、などある程度決まっていたと
思うのですが、最近では飲み物のメニューがある美容院さえあります。
コーヒー一つとっても、ただのコーヒーではなく、本格的なエスプレッソマシンや
コーヒーマシンを使って淹れるところさえある。
(特に若い美容師さんは、お店のイメージを大切にしていますからね)
まさに、カフェ顔負け!
でも、だからといって、お客様は、
「いや~、飲み物のメニューがたくさんあるから
 あの美容室じゃなきゃダメだな!」
ってことになるわけじゃないですよね。
やはり、スキルあってこその美容室、ではないでしょうか?
スキルというのは、ある意味
 “安心感”
に繋がります。
ここで言う、スキルにはもちろんカットなどの基本的なスキルもそうですが、こちらの
求めるスタイルをしっかりと聞いて理解してくれるということも含まれます。
美容室で一番、ショックなのは、お店を出るときに、
「自分がイメージしていたのと違~~~~~~うっ!」
って感じたときですよね。
(まぁ、だいたいにおいて、やってる途中から不安は感じていますが・・・)
逆に、自分がイメージしているものと、出来上がったものがピッタリだった時の
嬉しさは言葉にはできません。
お店を出るまでは、それらしく振舞っているんですが、お店をでたらもう
  “ルンルン♪”
      
そういうお店に出会ったら、もう他の美容室に行く気にはなれません。
特に、こちらがアバウトなニュアンスでオーダーしても、それを理解して期待通りの
ものに仕上げてくれる美容師さんは最高です。
え~っと、ちょっと美容室の話ばかりしてしまいましたが、実は、カフェにも同じようなことが
言えるのではないかと思うんです。
     
カフェにしたって、美味しい料理や飲み物があって、店内の雰囲気も良くて、心地よく
過ごせるようなカフェだったら、何度でも通いたくなりますよね?
     
そのようなお店作りをするには、やはり料理や飲み物が美味しいということはもちろんのこと、
お客様が安心して気持ちよく過ごせるよう、常にお客様の様子に配慮し、考え、
それに応えられるような姿勢をもたなくてはなりません。
「あのお店行くと、なんだか落ち着くよね~」
「あの店、まるで自分の家にいるみたい」
なんて、お客様が思ってくれたら、幸せですよね。
そのために、自分たちは何ができるのか?
お客様が、ハッピーな気持ちでお店を後にしていただくためにできることは何なのか?
それをしっかり考えなくてはなりません。
それには、ぶっきらぼうな態度よりは、いつもニコニコとした柔和な表情のほうが良いし、
コチラの都合を優先するよりは、お客様のことを優先した方が良い。
つまり、当たり前のことをするってことですよね。
カフェなど飲食店の場合、お客様は、そのお店に入ったら余程のことがない限り、そこで
何かを注文しなくてはなりません。
メニューを見て、
  “ やっぱり辞めた~ ”
とは、なかなか出来ないんです。
ですから、“やっぱり辞めようかな”と不安にさせるような雰囲気にしてはダメなんです。
 “ なんだか良さそう! ” “ ここにして良かった♪ ”
って、安心してもらえるようなお店作りにしなくてはいけないんでよね。

コメント