コロナで新しくカフェをはじめるのはやめたほうがいい?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コロナ禍では、正直、飲食店は非常に厳しい状態が続いてますし、これからも、しばらくはどのようになっていくか?想像がつきにくいですね。

 

そんな状態だから、いくら長年の夢!とはいえ、カフェを新規ではじめるというのは躊躇しちゃうという人も多いかもしれません。

 

では、withコロナ、アフターコロナの中で、新しくカフェをはじめるというのは、どうなんでしょうか?

やっぱり、今は、新しくカフェをオープンするのは、やめておいたほうがいいんでしょうか?

 

スポンサーリンク

今はやっぱり中止、延期のほうがいい!?

正直、ぼく個人の意見としては、今、現時点においては、カフェを新しくはじめるのは、可能であれば、延期、中止したほうがいいんじゃないかなと思います。

 

というのも、人気のあるカフェや飲食店であっても、コロナ以前のような集客は厳しいという声が多いようです。

実績のあるお店であっても、厳しい中で、新規でオープンしたとしても、なかなか厳しいかなと。

 

それに、今オープンということだと、おそらく、売上計画なんかも、席数なんかもかなりギッチギチとかで計算してたりすると思います。

そうなると、今のコロナ感染対策で、席を1席飛ばしとかにするとなると、マックスでも売上計画の半分になっちゃいます。

 

それだけじゃないですよね。

お客さんが帰れば、その間に消毒などの対策もしっかりしないといけないし、コロナ以前だったらそこまでやらなくていいようなこともやらないといけないです。

 

手間はかかるのに、売上は限られる。。。

これだと、返済計画にも影響してきますよね。

 

じゃあコロナ禍ではカフェはオープンの夢は諦めたほうがいい?

 

状況によってはコロナ禍でもカフェ開業はアリ?

コロナによって、打撃を受けた飲食店のサポートなどもGoToイートなど国をはじめ、地方自治体でも行われています。

なかでも、注目されているのは、道路をつかった飲食店経営。

 

これまでは、店舗前の道路を使う場合は、道路の占有許可、利用料などが必要でした。

その条件を緩和するなどの対策が行われています。
(期限は限られるでしょうけど)

 

屋内よりも、屋外のほうが密を避けられ、しかも換気などの面でも安心というのはありますよね。

それに、屋内でどうしても限られていた席数を外に出すことで補うことができます。

もちろん、その分、料理を運んだり手間は増えちゃうんですけどね。

 

でも、今までは海外ではよく見かけていたようなオープンカフェみたいなことも可能になるということでもありますよね。

なので、そういう条件が揃えば、十分損益の面でもなんとかなるんじゃないかな?と思ったりも。

 

 

それ以外にも、もっと状況によっては、まだまだカフェの夢を諦める必要はないんじゃないかな?というモノもあります。

それはまた次回!

 

 

 

コメント