カフェスクールを目的に合わせて選ぶ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カフェスクールに通う人の中には、そのスクールで全てのことを学ぼうと思っている人が少なくありません。
別にそれが悪いというわけではないのですが、それだけで決めてしまうのも何かもったいないような気もします。

それぞれ得意なモノってありますよね?

いろいろなスクールを見ていると、やはりそのスクールによって“得意”なことと“不得意”なことってあるモノです。
ある料理学校でも、いわゆる調理面は得意だけど、ドリンク類はちょっと、ってこともよくある話です。
まぁ最近は、外部からいろんな講師を招いたりするので、そういう専門的なモノによる優劣というのは少なくなってはきましたけどね。
でも、やはり専門の分野に特化して教えているスクールのレベルというのは、それ相応にハイレベルだったりします。
そういう専門的な講座というのは、けっこう講習期間が短期だったりするので短期に集中して知識やスキルを修得することもできますよね。
それに、短期ですから料金的にもリーズナブルな場合もありますし。

組み合わせっていう方法もあるんじゃない?

カフェスクールの中には、いろんなコースを持っているスクールもありますから何から何までという感じで、トータルで受講するのではなく、美味しいとこ取りの
ような感じで、とりあえず必要なモノをチョイスし、他のモノは専門的なスクールの方に通って学ぶという方法をありますよね。
本来は、1つの場所でまとめて修得する方が楽だと思うのですが、自分が望むカフェのカタチを実現するためには、そうもいかないこともあるものです。
コーヒーの淹れ方にこだわったカフェをはじめる時は、やはり自分の尊敬できる方から教えを請うのがいいでしょうからね。
とはいうものの、何箇所かで学ぶ場合のデメリットももちろんあります。
その一番のデメリットは“お金”。
まとめて学べば安くなるものでも、学びたいモノ毎に別のスクールに通っていたのでは、そうはいきませんからね。
そういう意味では、このやり方は、“どうしてもその人から”とか、“ココだけは譲れない”というものがあるような特別な場合に限られるのかもしれませんね。
でも、ある特定の知識やスキルを修得したいという人には、こういう方法は適していると思います。
スクールのコースの場合、どうしても講座カリキュラムがセットされていますから“これは必要、これはいらない”いうように、自分の都合で選べませんからね。
それに会社勤めをしている人なんかだと、時間も制限されますから、こういった個別の専門的スクールで順番に必要な知識やスキルを修得していくのもいい
と思いますよ。

コメント