カフェズライフコラム~カフェの風景vol.2~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近の話題としては、やっぱり“そだね~”のカーリング娘さんたち、平昌オリンピックのメダリストたちの活躍!ってところなんですが、僕の周りでは、やっぱり2017年からビットコイン”など仮想通貨の話題で持ち切り!
いろいろな場所で、「ビットコイン持ってる?」とか「仮想通貨買った?」とかって話を聞かされます。
ぼくも、流行りもの大好きですし、周り方たちとの会話に乗るためにもビットコインもってますし、仮想通貨の投資を始めました!
仮想通貨投資のために、いろいろ勉強してみるとすごい技術だし、仮想通貨があることで助かる人たちも実際にいるんですよね。なので、今のバブル状態が続くかどうかってのはわかりませんが、しっかり勉強して投資する分にはいいのかな?なんて思っています。
ただ、カフェを開業するのに一攫千金!ってことで、自分の全財産を仮想通貨に投資する!なんてことは絶対にしちゃだめ!投資は無理のない範囲でね。
それはさておき、仮想通貨、とりわけやっぱりビットコイン。
ビットコインってビッグカメラとかで使えるっていうのは、知っている人も多いですが、カフェなど飲食業界でもビットコインで決済、支払いができるお店増えています。
以前から、ビットコイン支払いに対応した飲食店ってありましたが、昨年のビットコインの値上がりもあって、マスコミなどもビットコイン支払い対応のお店の取材を希望するよになっているんだそうです。
先日もある居酒屋さんが、ビットコインでの支払いをはじめたら、地元のニュースで紹介されて、いきなりお客さんが急増!しちゃったそうです。
お店側にしてみれば、ビットコイン支払の決済システムを導入する費用は、ほとんどかからないですから、話題作りで売り上げがあがるなら美味しい話ですよね。
最近は、決済システムのアプリも出てきているので、ますます導入しやすくなっていますしね。
あと、2020年の東京オリンピックにむかって、外国人観光客を取り込むチャンスにもなります。
もちろん、決済までの時間がかかるなど問題点もありますが、話題性も含めてこれから仮想通貨支払いのカフェも増えてくるでしょうね!

受動喫煙防止条例と電子タバコ!

東京都の小池百合子知事が条例案を提示して、東京オリンピックに向けて本格的な議論が始まった感じですね。
カフェを経営する上でも、この東京都の受動防止条例とか国の健康増進法改正案って、影響が考えられます。
もともと全面禁煙であれば、問題はないんでしょうけどね。
ただ、全面禁煙のカフェでも、対応が分かれるのがアイコスなどの電子タバコ。
VAPEとかだと、タバコなのかそうじゃないのか?煙が出て見た目はタバコみたいだけど、タバコじゃないから喫煙にはならない!という愛用者もいますよね。
確かに、アロマフレーバーみたいなリキッドをつかったvapeとかであれば、厳密にはタバコとは言えないのかも?と思ってしまいますが、仮に煙で服や髪の毛にニオイがつかないとしても、せっかく禁煙のカフェにはいったのに、なんだか堂々とタバコを吸っている風にみえるのは困りモノですよね。
また、ネットニュースでも話題になりましたが、アイコスとかの吸い殻って、タバコとはちがって火がついていたわけじゃないので、そのまま普通にゴミ箱に捨てられる?って、知り合いのアイコスユーザーの人は言っていたんだけど、その吸い殻を誰がどう処理するのか?ってのもけっこう問題になっているみたい。
吸っている人にとっては、「これ、普通のゴミっしょ!お手拭きとかペーパーナプキンとかと一緒に捨てといてよ!」的な感覚かもしれませんが、処理するお店の側としてはちょっと抵抗感ありますよね?
このあたりの吸う人と吸わない人の温度差って、けっこう難しいところありますよね。
では、どうすればいいの?ってことなんですが、やっぱり、予めルールを決めて置くのがいいんでしょうね。
「タバコはもちろん、類推されるようなものの使用はご遠慮ください」
的な感じで。
東京都の条例ではきっちりとした分煙ならOKって話もありますが、そうなると設備を整えるのも大変ですからね。
マナーを守って!とかってのも当たり障りはないんですけど、結果的にトラブルにつながりやすいので、最初にきちんとお店の意志を明確にしておくのがスタッフも対応しやすいでしょうね!

カフェをやりたい人が増えている件!

一時期に比べると、カフェ開業のペースは落ちてきたのかな?と思っていたけど、全然そんなことはなくて、カフェ開業を目指す人、実際にカフェを開業する人は多いです。
この前もテレビでやっていましたが、定年後とか第2の人生でカフェや喫茶店などを開業する人が多い!そう。
やっぱり、自分の趣味などをいかしつつ、自分のペースで仕事ができるというイメージがあるのかもしれませんね。
経済的に余裕がある方であれば、それでもいいんですけど、実際にカフェを経営するとなると、集客ができないと続けることができないので、そこをどうするか?というのはとっても大事になってきます。
夢を持つことはすごく大事。
でも、その夢がカフェを開業すること!で終わってしまうのはちょっと残念ですよね。
ずっとそのお店が続いて、その地域のある意味目印になるくらいの感じであってほしい!と個人的にはいつも思ってしまいます。
よく、田舎道を車で走っていると、
「えっ、なんでこんなところに?」
って場所にカフェがあったりするんですよね。
でも、土日とかになるとバイカーの人とか家族連れとかですごく賑わっていたりします。
平日は、お客さんは殆どいないんだけど、地域の人たちが集まったりする場所になっているんですよね。
ちょっと前であれば、隣近所の人たちが、家にお菓子とか持って集まって井戸端会議みたいなのをしていたけど、世代が変わってくると、なかなか自宅で!ってことにもなりにくくなってきます。
そういうときに、集まれる場所があるといいですよね。
でも、そういうコミュニティーの場所としても、やっぱりお店の雰囲気とか料理とか飲み物とかは、やっぱりちゃんとしていないと客足は遠のいてしまいます。
カフェをやりたい!という人の中には、すごくオシャレで派手やかなイメージを持っている人もいるかもしれないけど、実際に地域に根づいて長く続くカフェというのは、決してオシャレ!ってだけじゃないと思います。
オーナーのパーソナリティとかそのお店ならでは!の特別なモノとかね。
カフェを始める人が増えるのは嬉しい。
できれば、それが長く続いていけるようななれば、もっと嬉しいな。

ベーカリー&カフェジャパンに行ってきました!

先月7月の話で申し訳ないですが、東京・有明のビッグサイトで開催された『第7回ベーカリー&カフェジャパン2018』に行ってきました。
”保険”の方にウェイトがかかるような感じがします。
カフェを経営する場合には、そういうときにどう自分のお店に来てもらうか?魅力をアピールできるか?ってのが大事です。
なんだかんだいって、初モノよりも勝手知ったるお店の方が有利な訳なんですが、そこをどうひっくり返すか?
流石に、お店の中から出てきて、「うちのお店は~」みたいな客引きをするわけにはいきません。
となると、お客様に与えられる情報としては、外に出してあるメニュー表とかお店の外観になってきます。
どこのお店だったかわすれましたが、メニューにポイントポイントで”懐かしの”といった言葉をつけている喫茶店がありました。
若い人たちにしてみれば、喫茶店そのものが懐かしの!的な存在なのかもしれませんが、この”懐かしの”って言葉は、人を引きつける魅力があるんですよね。
今は見かけることがほとんどないけど、ちょっと前の人達には人気だったもの!って思うと、若い人たちもちょっと試してみようかな?って思うんでしょうね。
それに、今は、”インスタ映え”のためならなんでもいい!ってわけじゃないでしょうけど、珍しいものに飛びつく若い人は多いです。
僕たち世代にとっては当たり前のもの、懐かしのものでも、若い人たちにとっては新鮮だったり、インスタのいいねがもらえるネタになったりするんですよね。
懐かしの!以外にも、メニュー表やPOPなどで人を引きつけるワードってけっこうあるもの。
本屋さんとかのPOPを見ると、けっこう参考になったりするんですよね。
どうせ同じ値段なら、いつものあのお店より、ワクワクできそうなこっちのお店!ってなるようにしていきたいですね。

高倉町珈琲店創業のはなし

先月9月の日本経済新聞で連載されていた『私の履歴書』ってコーナーで、すかいらーくの創業家の横川きわむ(漢字が出てきませんでした)さんが人生を振り返っていらっしゃったのですが、すかいらーくやジョナサンなどファミレスの立ち上げなどのお話も面白かったんですが、個人的には最終回の高倉町珈琲の話が面白かったですね。
正直、何が?って思われるかもしれないんですけど、高倉町珈琲って、いまではすごく人気のあるカフェになっていますよね。
そんな高倉町珈琲を作る上で、やっぱり大事にしていらっしゃったのが、コンセプトだったんじゃないかな?と思ったんです。
ファミレスで成功していらっしゃった方なので、その流れで飲食を!という感じではないんですよね。
やっぱり、ファミレスとカフェはまったく違うもの。そして、コンセプトはカフェづくりにもつながるんですね。
ちなみに、どこまでここで書いていいのかわからないですけど、高倉町珈琲を作るときのカフェのコンセプトというのが「会社や家で嫌なことがあっても忘れられる居心地の良い場」(日本経済新聞2018年9月30日私の履歴書より)ということでした。
そのコンセプトを形にするように、店内のソファはより上質なものにこだわり、トイレも、ホテルよりも広めでキレイなものにしたそうです。
なるほど、確かにこういうカフェならちょっと現実逃避ってわけじゃないけど、日頃のしがらみから開放されるような空間、場として受け入れられそうですね。
もちろん、こういったコンセプトを感じるまでには、いろいろな声や体験、データなどを踏まえてはいるんだと思います。
ただ、どういった人に来てもらいたいか?そういうターゲットを明確にすることでお客様に愛されるカフェづくりができるという参考になりました。
高倉町珈琲は、カフェとしては決して値段が安いわけじゃないので、個人が目指すところとはちょっと違うのかもしれませんんが、でも、実際にカフェを開業し、成功させている方の体験というのは、すごく参考になりますね。

テイクアウトを取り入れるカフェが増える!?

テレビのニュースやワイドショー、新聞・雑誌などで取り上げられることが多くなった来年の消費税増税。
良い悪いという意見は、人それぞれあると思うのですが、カフェ経営という観点から、この消費増税をみた場合、気になるのが”軽減税率”の問題じゃないでしょうか?
今回の消費税は、これまでの8%から10%に2%ほどアップするわけなんですけど、そのときにぼくたち国民の生活への影響や景気への影響を考えて軽減税率ってのを取り入れるんですよね。
この軽減剤率がなにかとややこしや~!なんですよ。
カフェ経営に関していえば、普通に店内で食事をしてもらうときには消費税10%なんですけど、テイクアウトになると消費税は8%のまま。
こうなると、利用するお客様もコーヒーとかであればテイクアウトでいいか!ってことになってしまう可能性も高くなります。
もちろん、今年の夏のような酷暑になれば、テイクアウトじゃなくて店内でゆっくりと涼みたい!ってことにもなるでしょうけど。
でも、気持ち的には、やっぱり店内での飲食とテイクアウトで消費税が2%も違えば、テイクアウトがあるカフェを選ぶケースがふえてくるように思います。
となると、当然テイクアウトを取り入れるカフェが増えてくる。
今後、あらたにカフェを開業する人の中には、テイクアウト専門のカフェをはじめるとか、キッチンカーなど移動式カフェを始める人が増えてくるかもしれません。
そうなると、みんながおなじようなことをするので、差別化が難しくなってきますよね。
ただ、この軽減税率もいまのところ期限はないみたい(たぶん)なんですけど、仕組みがいつ、どうかわるかっていうのもわからないので、そのあたりも意識しながらカフェの開業を考えていかないいけないですね。
それに、景気対策でカードとか電子マネー決済で2%還元とかって話もありますよね。
そういう仕組なども含めて、これからカフェを開業していく場合は計画していかないといけないですね。

AIとカフェビジネス

ニュースなどでよく見かける外国人の就労拡大の法案。
正直、僕はよくわかっていません。
最近は、カフェなど飲食店も人手不足で大手チェーン店などではよく外国人の方が働いているのを見かけたりします。
少子高齢化の流れは変わらないだろうから、外国人の方に働いてもらうというのは自然の流れなのかもしれませんね。
ただ、これからは”AI”がいろいろなところで導入されて、人間じゃなくAIが代わりに働いてくれる!なんてことになるなんてことも言われていますよね。
では、カフェの現場で、どういった仕事がAIにとって変わられる可能性があるのか?
まず思い浮かぶのは、レジなどの作業ですね。
これは、キャッシュレス化の流れもあわさって、急速に切り替わって行くと思います。
お金の管理という面でもキャッシュレス化は、経営者にとってはありがたいでしょうしね。
次に、調理はどうでしょうか?
この前、NHKだったかな?AIが調理をするといったことをやってたんですが、これがなるほど!って思わせるような内容でびっくりしました。
例えばですが、個人のカフェでもメニューの注文などが自分のスマホからできるようになったとしたら、個人の味の好みなんかもAIが判断してその人好みの味とか、健康を意識して塩分控えめとか、そういう調理をしたりするようになるかもしれません。
そうなったら、カフェとか飲食店の意味ってあるの?って感じもしますが、AIが進化すればそういうことも可能になってきますね。
ホールのスタッフの仕事も単にできた料理を運ぶだけ!とか、店内にあるセンサーが、お冷などを欲しがりそうなお客様を感知して、店員さんに指示をだしてお冷を提供するとかってことになったりするかもしれません。
なんだか面白みのないカフェになっちゃいそうですけどね。
個人的びっくりしたのは、これから電話でのカスタマーサービスがAIに変わるかもってのをみたんですが、もしそうなれば、クレームもAIが対応するので、オペレーターの方がストレスを感じたりすることもなくなりますね。
もし、カフェの現場でクレームってときも、店員さんも「クレームはコチラでお願いします」みたいな感じで、AIスピーカーとかを差し出して、お客様ものAIスピーカーにクレームを言うことに。
もし、そうなったらバカバカしくて文句をいう気もなくなって、今のような土下座の強要とかあくどいクレーマーっていなくなっちゃいかもしれませんね。
この先の未来は、一体どうなっちゃうんでしょうか?

カフェなど個人営業のお店の集客について考えてみた

2019年一発目ということで、カフェの将来というか、これからのカフェビジネスについて考えて見た。
カフェブームと言われるようになって、もうどのくらい経ちますかね?
10年以上はたってますでしょうけど、その中でせっかく自分のカフェをオープンさせたけど、うまくいかずに閉店してしまったカフェもたくさんあります。
日本人の人口は減少傾向にある中で、お店が増えれば、その分競争も厳しくなって、生き残るのはなかなか大変ですよね。
今まででも、十分大変だったけど、これからの10年は個人でお店を経営する人にとってはますます大変になってくるかもしれません。
カフェのように、お客様にお店に来てもらうビジネスというのは、特に集客方法などを工夫しないと厳しくなってくるでしょう。
カフェブーム初期の頃であれば、チラシなどを手配りしたり、ポストインしたり、地元の雑誌などで紹介してもらったりなんてやり方が主流でした。
次第にネット社会になってきて、今度はホームページ、ブログを作って自分のお店をアピールしたり、webページ閲覧者限定サービス!なんてことも行われるようになってきました。
さらにネット社会が進化して、フェイスブック、インスタグラムなどsnsでお店をアピールしたり、拡散してもらうといったやり方に。
コレがこの先どうなっていくのか?
ネットを使った集客というのは、ますます進化していくことは間違いないでしょう。
グーグルの”Google マイビジネス”などでより効率的に自分のカフェをアピールして集客することができるでしょう。
グーグルマイビジネスとは
また、技術的に可能かどうかわかりませんが、自動運転の車で走っていると、あなたのカフェの近くにくるとあなたのお店の情報が表示されたりするようになるかもしれません。
今やドッグイヤーどころじゃないくらい技術の進歩はスピードが早くなっているので、あっという間に今の方法が古くなり、集客方法の新技術が登場するはず。
じゃぁ、その新しい技術を常に取り入れていかないといけないのか?っていうと、取り入れられるなら取り入れた方がいいでしょうし、そうでなければ、別の方法を工夫してやってみるというやり方もあるんじゃないか?って思っています。
具体的にはどういうことかというと、今もそうですがこの先ますますチラシで集客するというのはコスパが悪い!ってことでチラシを利用するお店はなくなるかもしれません。
お客様にとっては、「チラシって何?」って状態かもしれません。
そんな時に、あえてチラシをつくって配ってみる。
するとお客様にとっては、かえって新鮮に思えるかもしれません。チラシ世代の人にとっては、「いや~、懐かしいね!」ってことになるかもしれません。
もちろん、そのチラシには新しい技術も組み込んで置く必要はあるでしょうけど、もうダサい!ってものが時が経つことでオシャレ!ってことなることありますよね。
そういうこともありうるので、自分にできることを使って、工夫して勝負するってことが大事になるんだと思います。
これは、近い将来だけのことじゃなくて、今の時代でも言えることですよね。
一見無駄に見えるようなことも、意外とお客様には好意的に受け入れられるってこともあるでしょうからね。

やりたいカフェか?安定をもとめるカフェか?

カフェをこれからはじめようという方にとって、悩ましいところが、コンセプトに従って自分のやりかたいカフェを追求するか?それとも、ある程度万人受けする安定的な線を目指すか?というところではないでしょうか?
カフェというビジネスをやっていく上では、当然、収支をプラスにしていくことが考えてやっていかないと、念願のカフェを続けることはできません。
ただ、それが本来自分がやりたかったカフェから大きくずれてしまっては、何のためのカフェ開業だったかわからないということも。
例えば、人気のカフェになったのはいいけど、忙しすぎてお客様一人ひとりとのコミュニケーションが取れないとか、地域密着でやり方ったのにできない!なんてケースもあると思います。
もちろん、カフェが繁盛することはとっても素晴らしいことだし、そうあるべきだけど、それが、自分の本来やりたかったカフェのカタチではないということだと、やっていて、自分が苦しくなってしまうこともあるかもしれません。
とはいえ、自分のやりたいカフェを追求するあまり、一部のファンにしか支持されないカフェになって経営が立ち行かなくなるのも困る。
その線引ってのがとっても難しいところでもありますよね。
理想をいえば、自分のやりたいカタチのカフェが、お客様にズバッとはまって大いに繁盛する!というパターンなんでしょうけどね。
あと、もう一つは、最初は理想どおりではなくても、カフェで利益をだすことで、もう1店舗開業し、そこで理想を追求する!というのもありかもしれません。
正直、カフェを始めるすべての人が、うまくいくとこは限らないのがカフェビジネスでもあります。
その中で、自分のやりたいこと、コンセプトをしっかり決めておけば、なにか違うな?って感じた時に、そのコンセプトを元に軌道修正ができます。
ブレずにやるのは大変だけど、そのためには、コンセプトをしっかり固めておくことは大事ですね。

コメント