コーヒー選びのポイント

スポンサーリンク
スポンサーリンク

僕、makaniは、正直いってコーヒーのことに関しては、ある程度の勉強はしていますが、焙煎屋さんのようなプロではありません。。
もし、あなたがコーヒーの起源や歴史、生豆の成分や見極め方コーヒーが育つ環境といった『コーヒー学』について知りたいのであれば、それ専門のもっと詳しいサイトが山のようにあるので、そちらをご覧いただくなり、焙煎屋さんなどに行ってていろいろお話を聞いてみてください。
いろいろと教えてくれますよ。
それに最近は、いろいろなところで“コーヒーの淹れ方”“コーヒー焙煎”といったコーヒーに関するセミナーなども開催されてますし、スクールなども増えてきましたからね。
コーヒーの資格が取れる↓こん講座もありますしね。
コーヒーの資格が取れる!コーヒーコーディネーター養成講座
んでまぁ、僕はコーヒーのプロではありませんが、コーヒーが好きです。大好きです。
      
あのなんともいえない心安らぐ香り、そして苦味、コーヒーは僕の生活には欠かせないものになっています。
だからこそ、コーヒーにはこだわりたいと思っています。
美味しいコーヒーを飲みたいんです!
最近は、シアトル系とかブルーボトルコーヒーなどのサードウェーブといった流行もあり、いろいろなコーヒーを楽しむことが出来るようになりましたが、バラエティが豊富になりすぎて、本当に自分が飲みたいコーヒーを見つけることが難しくなってきたような気がしています。
      
      
そこで!
ここでは、コーヒーライフを楽しむ上で知っておいてもらいたいポイントについて、僕が聞き得た情報をご紹介していきたいと思います。
この、情報があなたのコーヒーライフの充実にお役に立てれば最高に幸せです。

コーヒー”についてあなたはどのくらい知っていますか?

あなたの、好きなコーヒーの銘柄は何ですか?
「ネスカフェ!それもゴールドブレンド!」
「いやっ、ブレンディ!」
って、おいっ!
そうじゃなくて、あるじゃないですか、“ブルーマウンテン”とか、“キリマンジャロ”なんていう銘柄が。
名前がでれば、「ああ、そういう銘柄のことね。」って分かると思います。
“ブルーマウンテン”とかって聞いたことありますよね。
僕が初めて“ブルーマウンテン”を飲んだのは、ある有名なコーヒーチェーン店だったんだけど、ちょっと格好つけて
 
「ブルーマウンテン!」
って注文して、ドキドキしながら一口飲んだら、(あれっ?なんか美味しくない!これならインスタントの方が美味しいかも)って思っちゃった。
まぁそんな話はどうでもいいんだけど、普通、コーヒー豆の名称は国名または産地名(例えば「コロンビア・メデリン」は、コロンビアのメデリンという山岳地方のコーヒーの意味。)や市場名または輸出する港名(「ブラジル・サントス」はブラジルサントス港から出荷されたもの)、その他にも原種による名称、生産国独自の格付けや等級による名称があるわけです。
で、何が言いたいかというと、例えば、「ブラジル・サントス」のサントスは港の名前っていうのは先に言ったけど、ブラジル産のコーヒーの生豆で、3流の豆だろうが、一流の豆であろうが、サントス港から出荷されれば、すべて「ブラジル・サントス」という名前がつくんだって。
知ってました?
同じように、イエメンの“モカ”もイエメンのモカ港から出荷されれば、どんな生豆だろうが、コーヒーの生豆にはすべて、“モカ”の名前が付くわけです。
もしかすると、あなたがコーヒー店で買ってきたそのコーヒー豆は、銘柄は有名でも中身は3流の品かも知れないんですよ。

コーヒーの歴史”についてあなたはどのくらい知っていますか?

コーヒーは、毎日飲んでいるけど、コーヒーの“歴史”ってなると、あんまり気にしたことが無いって人も多いのでは?
   
そこで、今回は、簡単にコーヒーの歴史について僕が聞きかじった話をしてみたいと思います。
   
コーヒーが歴史の舞台に登場したのは、14世紀~15世紀頃なんだって。
イスラム教徒の中で飲まれていたのが最初らしい。
コーヒーとイスラム教って、なんだかイメージが湧かない気もするけど、イスラム教徒の多い、トルコなどでトルココーヒーが飲まれているのを考えれば、イメージがしやすいかもね。
   
んでもって、その頃飲まれていたコーヒーが
“煮出しコーヒー”
コーヒーが発見されたのには多々諸説がありますが、エチオピアのヤギ使いが発見したのが結構有名。
それから、粉を煮出して飲んでいたコーヒーですが、雑味が多いということで、“濾す”という過程が18世紀頃にトルコで広まるんです。
それが、
“ドリップコーヒー”
この頃には、世界最古のカフェ、『カフェフローリア』が、イタリアのベネチィアで誕生!
ドリップコーヒーは、ヨーロッパ全土に広がっていくのですが、ヨーロッパでは酸味のきついドリップコーヒーよりも苦味の強い味が求められるようになり、イギリスでコーヒーに気圧を加えてつくるサイフォン式が開発され、苦味もあり香り豊かな『サイフォンコーヒー』が誕生したんです。
コーヒーって、奥が深いよね。
今日は、どんな淹れ方でコーヒーを楽しみましょうかね!

コメント