カフェ店舗デザイン 内装 外装

MENU
スポンサードリンク

デザイン・内装・外装工事は信頼が重要

店舗物件が決まれば、次は内装・外装、水周りや配線などの設備工事。

 

店舗の平面図などは基本的に不動産屋が持っているのでその写しをもらってレイアウトなど内装について考えてみたらいいでしょう。

 

 

最近は、専門業者でなければわからないような電気・配管以外はすべて自分たちでやる人たちも増えてきています。

 

自分たちでやれば出来上がったときの達成感や思い入れが違ってきますし、自分らしさを表現できるのでこだわった店作りをすることができます。

 

しかも、自分たちでやればその分お金が浮きますから、手持ちの資金に余裕がない人にとってはいい手段というか、是非トライしてみるほうが良いと思います。

 

 

しかし、一歩間違うと自分のイメージと違い安っぽい雰囲気になってしまいかねないので要注意です。

 

また、自分で内装等をやる場合一つ気をつけなくてはならないことがあります。

 

それは、

 

  “内装工事中も家賃は発生している”

 

ということです。

 

 

つまり、お店はオープンしてなくても(売上は上がらなくても)家賃は払わなくてはならないということです。

 

あまり、マイペースで作業をして、オープンが遅れれば遅れるほど無駄なお金が出ていくわけです。

 

 

しかも、業者に任せていれば、その間あなたは他の準備をおこなうことができますが、あなた自身がペンキやカナヅチを握っている間は他の準備を進めることが出来ないので、その分オープンが遅れることにもつながります。

 

 

やはり理想的には、自分たちの“思い”をしっかりと受け止めてくれる専門の業者に設計から施工までをお願いするのが一番いいでしょう。

 

 

専門業者に知り合いがいないとか、費用がかかりすぎるんじゃないかと心配かもしれませんが、業者によっては低予算で出来るだけこちらの希望にそってやってくれる業者もいるので、諦めずに探してみましょう。

 

 

その際には、自分の行きつけのカフェのオーナーや、デザインが気に入っているカフェのオーナーに「こういうカフェを開きたいんだけど」と相談して、業者を紹介してもらいましょう。

 

よほどのことがない限り、心よくアドバイスしてくれるはずです。

 

しかも、紹介であれば業者も紹介してくれた人の信用にもつながるので、いい加減な工事をやりにくくなります。

見積もりは最低3社からとる

内装工事を業者に任せることにしたら、複数の業者、最低でも3社から見積もりをとるようにしましょう。

 

 

何社かの見積もりを見れば、工事費のおおよその目安がつかめます。業者によって見積もりの形式も違うし、大雑把な費用だけを見積書に記載してくるところもあります。

 

見積書は必ず項目ごとに詳しい見積もりを出させ、しっかりと納得いくまで説明をきき分からない事はそのままにせず分かるまで話し合いましょう。

 

相手はプロかも知れませんが、今作ろうとしているカフェのイメージを一番掴んでいるのはあなた自身です。妥協することなく思いをぶつけていきましょう。

 

また、ちょっとの値段の差でも出来上がりが大きく違ってくる事もあるので、金額だけに気をとられず、各内容をしっかり確認しましょう。

 

そして、多少金額が高くても、無理な要望にも誠意をもってこたえてくれる人や本気になってアドバイスをしてくれる業者を選ぶことが納得のいく店をつくることにつながります。

 

ましてや、あなたの要望も聞かず、いいかげんな対応をする業者は、いくら値段が安くてもあなたの望むカフェには仕上がらないでしょう。

 

 

それでも業者を決定するのを迷ったら、その業者の実績を見てみるのがいいでしょう。

 

その業者がそれまでに担当した店を見学させてもらい、自分の感性と合うかリサーチしてみるといいでしょう。

つくりたいカフェのイメージを伝える

業者には自分のイメージは伝わりにくいものです。どんな些細なことも写真や絵など目に見える形で伝えるようにしましょう。

 

 

抽象的なイメージでは、業者も自分が持っているイメージに置き換えて判断してしまいますので、結果として業者も自分のイメージどおり仕上げたけど、あなたにしてみれば

 

「イメージと違う」

 

ってことになりかねないのです。

 

 

また、内装の話をするとどうしても客席を中心に話をすすめてしましますが、厨房やスタッフの動線ということを忘れてはなりません。

 

 

作業効率を考えた店作りも合わせて考えるようにしましょう。
そのためにも業者に店のメニューはどういったものが中心になるかを伝えましょう。

 

 

カフェのスタイルによって、厨房の広さや動線が違ってきます。業者にはしっかりとした情報を伝え、アドバイスを受けながら話し合うようにしましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

カフェの名前を決める!
カフェの名前は重要です。カフェの店名は、あなたのオリジナリティを表すもの。カフェの名前はあなたの別名!愛せる名前、人から愛される名前をつけましょう。
カフェコンセプトの作り方、考え方
カフェオーナーとして、カフェをはじめる、作るときにベースになってくるのが、カフェコンセプト。このコンセプトがぶれると、お店全体に影響してきますし、失敗の原因にも。そんなカフェコンセプトの作り方について。
出店エリアの決め方と物件探し
カフェを作るとなると店舗を出す場所、そして物件を見つけて契約しなくてはなりません。カフェ開業の具体的な第一歩となる店舗の出店場所、物件選びのポイントについて。
カフェのメニュー作り
カフェを起業開業する際に考えることのひとつに、カフェのメニューをどうする?ということがあげられます。カフェメニューは、売上げを左右します。
カフェのオリジナルメニュー作り
カフェをはじめるにあたっての武器となる他の店ではない自分のカフェだけのオリジナルメニューについて。
カフェメニューの作成ステップ1
カフェメニューは、売上げに大きな影響をもたらすほど、カフェ経営には重要なモノなので作る上ではかなり気を付けたいところ。そんなカフェメニューの作成方法について紹介します。
カフェメニューの作成ステップ2
カフェメニューを作成する上でのポイントや実際の作り方などについて紹介します。
カフェに必要な設備とレイアウト
カフェをはじめる、開業するにあたって必要となる設備や何をどこに置けばいいか?といったレイアウトについて。
カフェ作りに欠かせないインテリア選び
カフェの人気を左右しかねないカフェのインテリア。カフェをはじめるうえで気を付けたいインテリアの選び方などについて。
食材の仕入れ先は地元の三河屋さん?
カフェオーナーとして、カフェを経営するとき食材の仕入れ先を決めなくてはなりません。食材の仕入れ先選びはカフェにとってはとても重要です。
共同経営のパートナーとの関係の作り方
カフェをはじめるときに友人などと共同で経営をするケースもあると思います。共同経営はいい面、悪い面などありますが、パートナーとはビジョンを共有し、公私混同しないことが大切です。
カフェ開業、オープンに必要な資格と申請書
カフェをはじめる、カフェ開業に向けて必要となる資格や申請書にはどんなものがあるのか?カフェオープンの申請,カフェ経営の許可、資格について。
カフェをはじめるのに役立つ資格にはどんなものがあるか!
カフェ開業、カフェをはじめるのに必要、もっておくといい資格について。
目的に合わせたメニュー作り
カフェのコンセプト、目的にあったメニュー作りのポイントについて。
カフェオーナー養成講座
実際にカフェオーナーとして経営をし、利益を出すにはそれなりのノウハウが必要。それに役立つヒューマンアカデミーのカフェオーナー養成講座について。
カフェオープンに便利な資格
大好きなカフェをはじめるためにOLの仕事を続けながら彼女が取得した資格について。
カフェをはじめる時に陥りやすい考え方
カフェをはじめる前に知っておきたい、注意しておきたい点。はじめてのカフェをはじめる人にありがちな落とし穴についてお話します。
コーヒーの仕入れで気を付ける点
カフェの稼ぎ頭、カフェには欠かせないコーヒーの仕入れ、コーヒーのあなたのカフェにおける位置づけについて。
コーヒーの仕入れ先の探し方
カフェで使うコーヒーの仕入れ先の探し方、見つけ方、選び方などについて。
料理に使う安全な食材の仕入れ方法
カフェで出す料理に使う食材で、安心安全な食材を選ぶ、仕入れる方法について。
こだわりの業務用食材の仕入れ
他のカフェと差別化するのにこだわりの食材などを使うこともあると思います。そんなこだわりの業務用食材の仕入れについて。
カフェ開業に必要な開業資金
カフェをはじめる、開業するとなると開業資金が必要になります。そんなカフェの開業資金の調達方法について。
カフェ開業への資金集め 国民生活金融公庫編
カフェ開業に向けた資金集めのためのカフェ開業への資金集め 国民生活金融公庫(日本政策金融公庫)への体当りレポート
カフェ開業資金集め 国民生活民金融公庫その2
カフェ開業の資金集めのための公的金融機関での融資の流れを体験レポート。その2
移動式カフェ、キッチンカーの開業、はじめる方法
カフェを固定の店舗ではなく車などの移動式カフェやキッチンカーを開業する方法、はじめる方法について。
移動式カフェをフランチャイズではじめる
移動式カフェをすでにうまくいっているフランチャイズではじめるうえでのメリットやデメリット、注意点やおすすめ移動式カフェ情報について。
キッチンカーなど移動式カフェでのカフェ経営の実情
キッチンカーなどカフェ開業で初期費用が抑えられる移動式カフェは、メリットが大きいのですが、実際に始めた場合にうまく経営が軌道になることはできるのか?
フランチャイズでカフェをはじめる方法
カフェをはじめるのに成功しているノウハウをそのまま使うことができるフランチャイズはとってもいい方法の一つ。そんなフランチャイズでカフェをはじめる方法について。
フランチャイズでのカフェ経営のデメリット
フランチャイズでカフェを経営する際のデメリットについて。
会社を辞めずにカフェをはじめる、開業する
カフェを開業するとなると脱サラってイメージがありますが、会社を辞めずに自分の好きなカフェをはじめる、開業する人も増えています。
2.5等立地でも稼ぐカフェ経営
カフェを開業するのに、立地選びは大切ですが、資金がないといわゆる好立地の物件を契約できない。そんな時に立地が悪くても繁盛させるポイント、2.5等立地の中でも稼げる立地について。