MENU
スポンサードリンク

カフェ開業に必要な資金の調達

これからカフェをはじめようとする人にとって一番大きな問題が、

 

 

“開業資金をどうするか”

 

 

ということだと思います。
あなたも、このことで頭を悩ませているのではないでしょうか?

 

多くの人が、カフェをはじめたいと思っていても、カフェをはじめるにあたって必要となる
“お金”の問題で自分の夢を諦めてしまいます。

 

 

では、実際カフェをはじめるにあたって、どのくらいのお金が必要となるのでしょうか?
カフェをはじめた人から聞いたある調査では、カフェ開業にかかった費用として

 

平均、1,000万円〜1,500万円

 

ということでした。

 

 

正直、この額を聞いてしまうといくら夢とはいえ、二の足を踏んでしまいますね。
でも辛いですが、これが現実なんですよね。
一般的には。

 

物件取得費、内装工事費、設備費、食器やその他の備品、もろもろ計算していくと、
どうしてもこのくらいの金額になってしまいます。
(しかし、やり方や考え方によっては開業資金を低くおさえることは可能です。
 これについては、別のトピックでお話します。)

 

では、カフェをはじめた人はオープンにあたって自己資金はどのくらい用意していたと
思いますか?

 

国民生活金融公庫(現 日本政策金融公庫)の調べでは、自己資金は
開業費用の27%だという結果になっていて、仮に、開業にかかった費用が
1,000万円だとすれば、自己資金の平均は300万円くらいになります。
多くの方は、これくらいの自己資金でカフェをはじめているわけです。

 

 

では、残りのお金はどうしているか?

 

これも、国民生活金融公庫(現 日本政策金融公庫)の調べによると、
開業資金の50%を金融機関からの借入れ、残りの23%を親、兄弟など
親族から借りているようです。

 

やはり、安心なのは親や兄弟から借りることですが、誰もがそうできるわけでは
ないですよね。

 

 

そうなると、金融機関から開業資金を借りるしかありません。

 

金融機関というと、僕たちが想像するのがどうしてもお金を預金したり引き出したりするのに
利用している銀行になってしまいますよね。

 

しかし、銀行は通常、実績の無いものに対しては簡単には融資、つまり借金を
させてくれないのです。
あなたに、融資額に見合う担保(土地や建物、債券など)があれば別ですが。

 

 

では、どうすればいいか?

 

 

公的資金の活用

 

 

こういう場合に利用するのが公的な機関からの借入れです。

 

公的な機関とは、国民生活金融公庫(現 日本政策金融公庫)をはじめとした
政府系金融機関、各都道府県や市町村の融資制度、商工会議所・商工会の
マルケイ融資制度のことをいいます。

 

 

飲食店開業の資金調達、しかも公的機関といえば、誰もが国民生活金融公庫
(現 日本政策金融公庫)を頭に浮かべることでしょう。

 

国民生活金融公庫(コクキン 現 日本政策金融公庫)は、全額政府出資で設立された
政府系金融機関で、その主な基本理念は、日本政策金融公庫のサイトから引用すると、

 

 

 「国の政策の下、民間金融機関の補完を旨としつつ、社会のニーズに対応して、
  種々の手法により、政策金融を機動的に実施します。」
                   日本政策金融公庫 ホームページより

 

 

となっています。

 

 

簡単にいえば、民間の金融機関では融資してくれないような小規模の企業やこれから、事業を
はじめたいという人に出来る限り融資を行いますよ!ということです。

 

ですから、カフェをはじめた人の中にもこの国民生活金融公庫(現 日本政策金融公庫)から
融資を受けている方もすごく多いですよね。

 

他にも、各地方自治体による創業・独立開業資金支援制度というものがあります。

 

これは、各自治体が行っている融資制度で、自治体によっては無担保、無保証人というところも
あるようです。
詳しくは、公的中小企業支援機関をご覧下さい。

 

 

このように、カフェをはじめ、個人で事業をはじめようとする際には、公的な機関を利用することが
できるわけです。

 

しかし、これら公的な機関でも無審査で融資をしてくれるほど甘くはありません。
特に、国民生活金融公庫(現 日本政策金融公庫)では、事業計画などのしっかりとした計画の説明を
必要とされますし、さらには、「自己資金は総事業費の半分は欲しい」といわれることもあるそうです。

 

 

キビシ〜っ!

 

 

しかも、最近は不良債権の問題もあって、融資の審査が厳しくなったって話をよく耳にします。

 

 

「じゃぁ、お金借りることできないの?」

 

 

いえ、いえ。心配はいりません。
こういう時、頼りになるのが『信用保証協会』です。
社団法人 全国信用保証協会連合会ホームページ

 

 

信用保証協会とは、中小企業者など信用力が十分でない者の金融機関から事業資金の調達を
円滑化するため、債務の保証を行う公的機関のことをいいます。

 

つまり、我々が融資を受ける際に信用保証協会がうしろだてとなってくれるというわけです。
最近は、逆にこの信用保証協会の保証がなければ融資をしないというケースが増えているそう
ですよ。

 

 

というように、開業資金を借りるにあたっては、いろいろなケースがあります。
1ヶ所で融資を断られたからといって、諦めてはいけません。確かに大変なことですが、融資を
受けるチャンスはありますから。

 

あと、融資をお願いする時には、しっかりとした事業計画とそれにあわせた自己資金の準備は
いうまでもなく、どれくらいカフェを開くということに対する情熱をあなたが持っているかということが
とっても重要なポイントです。

 

融資担当者のハートを撃ちぬくことができるか、それはあなたのカフェへの情熱しだいです。

 

 

こんな事も知っていたほうが!

実際に融資が可能になった場合、一般の金融機関を通して融資を行う場合があります。
(融資金額の振込みや返済など)

 

こういう時に利用する金融機関は、地元の信用金庫や信用組合を利用することをオススメ
します。

 

というのも、そういう取引自体が信用実績となり、新たにあなたが融資をお願いするときに、
信用金庫や信用組合だと融資を受けやすくなります。
(100%ではないですよ。念のため)

 

 

地元の信用金庫や信用組合は地域とのつながりを大切にしています。
そこで、信用金庫や信用組合で口座を開設したり、売上をそこに預金すれば、大きな信用と
なって、あなたが困った時に親身になって相談にのってくれます。

 

これを使わない手はありません。
そういったことも頭の片隅に入れておいたほうがいいですね。

スポンサードリンク

関連ページ

カフェの名前を決める!
カフェの名前は重要です。カフェの店名は、あなたのオリジナリティを表すもの。カフェの名前はあなたの別名!愛せる名前、人から愛される名前をつけましょう。
カフェコンセプトの作り方、考え方
カフェオーナーとして、カフェをはじめる、作るときにベースになってくるのが、カフェコンセプト。このコンセプトがぶれると、お店全体に影響してきますし、失敗の原因にも。そんなカフェコンセプトの作り方について。
出店エリアの決め方と物件探し
カフェを作るとなると店舗を出す場所、そして物件を見つけて契約しなくてはなりません。カフェ開業の具体的な第一歩となる店舗の出店場所、物件選びのポイントについて。
カフェのメニュー作り
カフェを起業開業する際に考えることのひとつに、カフェのメニューをどうする?ということがあげられます。カフェメニューは、売上げを左右します。
カフェのオリジナルメニュー作り
カフェをはじめるにあたっての武器となる他の店ではない自分のカフェだけのオリジナルメニューについて。
カフェメニューの作成ステップ1
カフェメニューは、売上げに大きな影響をもたらすほど、カフェ経営には重要なモノなので作る上ではかなり気を付けたいところ。そんなカフェメニューの作成方法について紹介します。
カフェメニューの作成ステップ2
カフェメニューを作成する上でのポイントや実際の作り方などについて紹介します。
カフェに必要な設備とレイアウト
カフェをはじめる、開業するにあたって必要となる設備や何をどこに置けばいいか?といったレイアウトについて。
カフェ店舗デザイン
カフェはじめる上での店舗デザインや内装、外装工事の注意点、気を付けたいポイントについて。
カフェ作りに欠かせないインテリア選び
カフェの人気を左右しかねないカフェのインテリア。カフェをはじめるうえで気を付けたいインテリアの選び方などについて。
食材の仕入れ先は地元の三河屋さん?
カフェオーナーとして、カフェを経営するとき食材の仕入れ先を決めなくてはなりません。食材の仕入れ先選びはカフェにとってはとても重要です。
共同経営のパートナーとの関係の作り方
カフェをはじめるときに友人などと共同で経営をするケースもあると思います。共同経営はいい面、悪い面などありますが、パートナーとはビジョンを共有し、公私混同しないことが大切です。
カフェ開業、オープンに必要な資格と申請書
カフェをはじめる、カフェ開業に向けて必要となる資格や申請書にはどんなものがあるのか?カフェオープンの申請,カフェ経営の許可、資格について。
カフェをはじめるのに役立つ資格
カフェ開業、カフェをはじめるのに必要、もっておくといい資格について。
目的に合わせたメニュー作り
カフェのコンセプト、目的にあったメニュー作りのポイントについて。
カフェオーナー養成講座
実際にカフェオーナーとして経営をし、利益を出すにはそれなりのノウハウが必要。それに役立つヒューマンアカデミーのカフェオーナー養成講座について。
カフェオープンに便利な資格
大好きなカフェをはじめるためにOLの仕事を続けながら彼女が取得した資格について。
カフェをはじめる時に陥りやすい考え方
カフェをはじめる前に知っておきたい、注意しておきたい点。はじめてのカフェをはじめる人にありがちな落とし穴についてお話します。
コーヒーの仕入れで気を付ける点
カフェの稼ぎ頭、カフェには欠かせないコーヒーの仕入れ、コーヒーのあなたのカフェにおける位置づけについて。
コーヒーの仕入れ先の探し方
カフェで使うコーヒーの仕入れ先の探し方、見つけ方、選び方などについて。
料理に使う安全な食材の仕入れ方法
カフェで出す料理に使う食材で、安心安全な食材を選ぶ、仕入れる方法について。
こだわりの業務用食材の仕入れ
他のカフェと差別化するのにこだわりの食材などを使うこともあると思います。そんなこだわりの業務用食材の仕入れについて。
カフェ開業への資金集め 国民生活金融公庫編
カフェ開業に向けた資金集めのためのカフェ開業への資金集め 国民生活金融公庫(日本政策金融公庫)への体当りレポート
カフェ開業資金集め 国民生活民金融公庫その2
カフェ開業の資金集めのための公的金融機関での融資の流れを体験レポート。その2
移動式カフェの開業、はじめる方法
カフェを固定の店舗ではなく車などの移動式カフェを開業する方法、はじめる方法について。
移動式カフェをフランチャイズではじめる
移動式カフェをすでにうまくいっているフランチャイズではじめるうえでのメリットやデメリット、注意点やおすすめ移動式カフェ情報について。
フランチャイズでカフェをはじめる方法
カフェをはじめるのに成功しているノウハウをそのまま使うことができるフランチャイズはとってもいい方法の一つ。そんなフランチャイズでカフェをはじめる方法について。
フランチャイズでのカフェ経営のデメリット
フランチャイズでカフェを経営する際のデメリットについて。
会社を辞めずにカフェをはじめる、開業する
カフェを開業するとなると脱サラってイメージがありますが、会社を辞めずに自分の好きなカフェをはじめる、開業する人も増えています。
2.5等立地でも稼ぐカフェ経営
カフェを開業するのに、立地選びは大切ですが、資金がないといわゆる好立地の物件を契約できない。そんな時に立地が悪くても繁盛させるポイント、2.5等立地の中でも稼げる立地について。