カフェを繁盛させる 成功させるコツ

MENU
スポンサードリンク

カフェ経営で成功するコツ

早速ですが、悲しいお知らせ

 

 

もう、まさしく悲しいお知らせです。

 

おそらくあなたは、カフェを開業させ繁盛させる、カフェ経営を成功させる方法を知りたくて、
ここまで来てくれたんですよね。

 

ありがとう。本当にありがとう。

 

 

でも、残念ですが、とっても重要なことをお話しなくてはいけません。
それは、

 

 

 『経営に“これだ”というコツなどない』

 

 

ということです。

 

つまり、これだけをやっていれば、繁盛するという方法などは、無いってことですね。

 

 

「でも、本屋さんなどにいくと、いろんな本があるじゃん」

 

 

そうですよね、世の中には、いろんな方法があります。
でも、それは、万能ではないんですよ。残念ながら。

 

実際には、誰にでも通用する方法だけど、それだけが全てではないってことなんです。

 

 

でも、それじゃあ、どうすればいいのってことになっちゃいますよね。

 

折角、大好きなカフェをやりたいのに、成功する方法が無いなんて、お先真っ暗ですもんね。
確かに、コレっていうコツは経営には無いんだけど、大切なことというのはあるんです。

 

それは、

 

 

  集客

 

 

です。

 

これは、とっても当たり前のことなんだけど、お客様が来ないとお店は成り立たない
ですよね。

 

 

初めてお店を出す人の中には、

 

 

「お店さえ作っちゃえば、お客様は、その内来るだろう」

 

 

なんて、のん気に構えている人も少なくありません。

 

 

しかし、これだけお店が増えてくると、ただお店を出せば、お客様が自然と来るようなことは、
ほとんどありえません。
(もちろん、そこまで計算しつくされての開業なら別ですけどね)

 

実際には、カフェをオープンしてみたのはいいけど、“開店休業状態”なんてことは
よくあることです。

 

これは、場所だとか、お店の大きさだとかは、まったく関係がありません。
場所がよくても、ガラガラのお店ってけっこうありますからね。

 

 

これに気付いている人というのは、けっこう少ないんです。

 

「そんなこと分かってるよ」

 

なんて言ってる人でも、じゃぁ、集客に関して有効な手を打っているかというと、
実はそうではない。

 

中には、毎週チラシを1000枚配ってます、とかいう方もいるんだけど、チラシだって
ただ配ればいいってもんじゃないですよね。

 

チラシは、他のお店だって配っているんですから。

 

 

みんな、“ 集客 ”というものが大事だということは、わかってはいるんでしょうが、
“分かっている”ことと、“出来る”というのは、また違うんですよね。

 

 

頭ではわかっていても、実際にはなかなか出来ないものなんです。

 

頭では大切だと分かっているんだけど、お店を作るということになると、みんなお店を
出すことを先に考えて、集客のことを後回しにしてしまうんです。

 

「なんとかなるさ」って思っちゃうんでしょうね。

集客は奥が深い

例えば、あなたのお店がの損益分岐点売上げが、100万円だったとしましょう。

 

そして、つきの営業日数が25日としましょう。想定される客単価は800円。
さて、1日平均、何人のお客様が必要でしょう?

 

 

            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・

 

 

分かりましたか?

 

そうですね。    50人です。

 

 

損益分岐点売上げというのは、その売上げを上回れば、儲けで、下回れば赤字。
つまり、そのボーダーラインって意味です。

 

 

で、そのボーダーラインの売上げ100万円を売り上げるためには、月25日の営業
ですから、100万円を25日で割ると、1日当たりの売上げ、4万円が出ます。

 

その4万円を売り上げるのに、客単価が800円ですから、40000円÷800円で、
50人、となるわけです。

 

では、1日50人のお客様ですが、あなたのお店の営業時間が、11時から、夜の
9時までだとしましょう。

 

すると、1日の営業時間は、10時間。

 

その10時間の間に、50人のお客様に来店してもらえれば、収支はトントンになる
わけですよね。

 

10時間に50人。

 

単純に計算すると、1時間5人。

 

しかも、ランチタイムなどは、もう少し、人数が増えて、20人くらいになるとします。
すると、残りの9時間で、30人。1時間あたりにすると、約3.3人。

 

 

なんだか、楽勝のような気がしませんか?
これなら、わたしにも、僕にもできそう!
でしょ?楽勝でしょ?

 

 

でも、ちょっと待った〜〜〜〜〜〜っ!

 

 

確かに、数字だけを見てると簡単そうだけど、じゃあ、これはどう?

 

1日50人のお客様に来てもらえれば、収支はトントンになるんだよね?

 

 

でも、その50人のお客様が、毎日必ず、あなたのお店に来てくれる保証はどこにも
ないよね。
(恐らく、9割は月に1回の来店、これでも甘い計算だよ)

 

 

となるとですよ、毎日50人の新規のお客様に来てもらわなくちゃいけない計算に
なるわけですよ。

 

つまり、

 

50人  ×  25日   =  1250人

 

のお客様が必要になってくるわけよね。

 

 

1250人、どうですか?
簡単そう?

 

 

まぁ、実際には、何度もいらっしゃるお客様もいるから、このとおりというわけでは
ないんだけど、けっこうヘビーな数字だよね。

 

だからこそ、集客というのは大事なんです。

 

常に新規のお客様に来店してもらい、その中から自分のお店のリピーターになってもらう。
そのリピーターが、多くなればなるほど経営的には安定してきますから、そういうフォローも
一方でやらなくちゃいけない。

 

新規のお客様だけに焦点を絞ればいいってもんじゃないわけですね。

 

「集客なんて、後から考えればいいや」って軽く考えている人がいるんだけど、
そんなに甘いもんじゃないんです。

 

むしろ、カフェをオープンさせる前の計画が、一番重要なんです。

 

ターゲットの絞込みや、商品構成に価格の設定、そういったことも、全て集客に関わって
くることなんです。

 

やっぱりスタート時が肝心です。
もちろん、あとで修正等は可能ですが、その分余計なコストが発生したりします。
カフェをはじめる際には、集客面も含めた計画作りが重要です。

 

 

※集客の方法に関しては、また別の機会にお話させていただきます。

スポンサードリンク

関連ページ

成功に欠かせないカフェのコンセプトとキーワード
カフェを開業し、長く続けていくために欠かせないのがカフェのコンセプトとキーワード。ここがぶれると長く愛されるカフェにならないことも。
カフェに常連客を作る方法
カフェを安定的な収入となる常連客を作ることはカフェを繁盛させるポイントにもなります。カフェに常連客を作るにはどうすればいいか?
カフェの集客方法
カフェを開業して、何もしなくてもお客様が来てくれるほどカフェ経営は甘くありません。カフェに来てもらうための集客のしかけについて。
集客のための情報発信
カフェを繁盛させるための仕組みとして情報発信というのはとっても有効的。そんな集客のための情報発信について。
カフェ経営を長く続けるコツ
カフェを開業して、より長く続けていくためのポイント、コツについて。
お客様に安心感を感じてもらう
お客様にカフェに来てもらうためのポイントとしてどんなことがあるか?お客様があなたのカフェを選ぶポイント。
カフェを作る上での長所と弱点
カフェを開業して続けていくうえでの経営上の短所、弱点などをいかに長所に変えていくか?
あなたのカフェをお客様の印象に残す
カフェの経営安定には、お客様にリピーターになってもらって、何度もお店に来てもらうことが大事。そのためのあなたのカフェをお客様の印象に残してもらうことについて。
カフェ経営繁盛のためのノウハウ
カフェ開業し経営していく上でのノウハウについて。口コミで人気が広がるには?
カフェ経営は儲かる?
カフェを経営するのって、最初は夢などで突き進めますが、やっぱり儲からないと続けられないし、たのしくありません。カフェって儲かるの?
カフェ経営のコスト計算
カフェを経営するのにかかるコスト計算について。
カフェ経営を続けるのに必要なもの
カフェをはじめて、それを続けていくには必要なものがあります。
カフェの集客 その1
カフェの経営を成り立たせるのに欠かせない集客について。
カフェの集客のポイント その2
お客様が思わず行きたくなる、また行きたいと思うようなカフェになるためには?
自分がやりたいカフェの形
カフェを稼ぐための手段だけにしてしまうと、行き詰ってしまうことがあります。
成功者の考え方
カフェを成功させるには、すでに成功した人の考え方、思考を真似てみるのもいい方法です。
カフェ経営に役立つ情報
カフェを繁盛させる、軌道に乗せるために必要な情報、役立つ情報は無料でも手に入ります。
カフェの人気店になるポイント
カフェ経営でオールマイティーもいいけど、隙間をついて人気店になるのも。
カフェ経営で儲かるポイント
カフェを繁盛させる儲かるためのポイントについて。