カフェ経営繁盛させる仕組み法則

MENU
スポンサードリンク

カフェ経営 繁盛の魔法 カフェオープンまでのステップ 

一時のカフェブームが落ち着きいたというものの、カフェの数も、カフェの種類も
ずいぶんと増えてきましたし、カフェを経営したい!カフェを開業したい!という
人たちはまだまだ増え続けています。

 

そのカフェが増える一方で、残念ならがら閉店するカフェも、それ以上に増えて
いるのが現実です。

 

“続けてこそのビジネス”

 

 

カフェビジネスというのは、確かに自分のやりたことを表現できる格好の手段なので
“自己実現”を求める上で、とっても参入しやすい分野といえます。

 

でも、いくらカフェをオープンするのがあなたにとっての夢だったとしても、あなたにとって
カフェをオープンさせる事が、ゴールではないはずですよね。

 

あなたのカフェは、あなたのやりたいことを続けるための手段であり、ビジネスでも
あるはずです。
となると、当然カフェを経営し、繁盛をさせ、利益を出さなくては、ビジネスとして続ける
事が出来ません。

 

 

僕は、仕事柄いろいろなところで、自分の念願のカフェをオープンしたにもかかわらず、
経営不振でカフェを閉めざるをえなくなった人たちを何人も見てきました。

 

 

コンセプトがいくらよくても、料理がいくら美味しくても、お店がいくらおしゃれでも
オーナーがいくらかっこよくても、美人でも、お客様が来て売上が上がらなくては
続けることは出来ない。

 

厳しいようですが、これが現実なんです。

 

経営不振で店を閉じた方の中には、明らかに経営という面に対して、無知であった
という人が少なくありません。

 

カフェをはじめる前に、もう少し経営ということに注意をはらっていれば、閉店まで
いかなかったであろうお店もたくさんあるんです。

 

そういう話を聞くと、とっても残念でなりません。

 

特に今は、カフェブームで似たようなカフェがあちらこちらにできて、自分のカフェの
特徴をうまく出せたとしても、それをお客様に伝え、ファンになってもらい、何度も足を
運んでもらうということが厳しくなってきています。

 

しかし、こういう過当競争だからこそ、差別化していくことで、ある意味自店の優位性を
築きあげるチャンスということでもあるわけです。

 

 

 “なんでこんなところに?、お客さん来るんだろうか?”

 

 

あなたも、一度くらいこういうお店を見たことがあるんじゃないでしょうか?
“なんで”思われるようなカフェでも、やりようによっては、めちゃくちゃ繁盛させている
店もあるんですから。

 

例えば、住宅街のど真ん中でも、ちょっとした知恵と工夫で、地元はもとよりわざわざ、
何時間もかけて、主婦層のお客様がそのお店を目指してやってくるというカリスマ的な
お店を作った人もいるんです。

 

つまりカフェは、知恵を出し、工夫をすれば利益は十分に出すことが出来るし、共通の
趣味や考えをもった仲間をつくって、繁盛させることもできるのです。

カフェはとってもやりがいのある面白いビジネス

あるカフェスクールが調査したデータによると、カフェをはじめた人のうち6割くらいの
経営者が、カフェ経営は大変だ、辛い、と答えたそうです。

 

でも、その反面、“カフェをはじめて良かったですか”という問いに対しては、
ほぼ全ての経営者が、“良かった”と答えているんです。

 

カフェ経営は、辛いけど、はじめてよかった。
とても面白いデータですよね。

 

やはりカフェというのは、“自分の好き”を自由に表現できるし、お客様と触れあうことを
通して、感動したり、感謝したり、そういう人間らしさを感じることができるんでしょうね。

 

だから、どんなに辛くても、カフェを経営していたい、と思うんでしょうね。

 

経営というと、どうしても堅苦しい感じがするし、難しいって思うかもしれません。
中には、“採算なんてどうでもいい、楽しくやれれば”という方もいるかもしれませんね。

 

そりゃ、どんなに赤字になっても、“お金ならいくらでもあるから大丈夫”っていう方なら
いいけど、そうじゃなければ売上げが無ければカフェを続けていくことはできないんです。

 

だから、ちょっとだけ “経営する” ということに興味をもってもらいたいんです。
そうすることで、もっとあなたの“カフェライフ”が楽しいものになるし、それを見た人が、
『自分もカフェをはじめたい』と思って、新しいカフェが誕生するかもしれない。

 

そうすれば、もっともっと、素敵なカフェが増えて、もっともっと楽しい世の中になるかも
しれない。

 

カフェというコミュニティーを通して、新しいことができるかもしれない。
カフェには、そんな魅力がたっぷり詰まっているんだと思うんです。

 

そこで、僕makaniが、仕事上の“コンサルタントの目”、そして一カフェファンという
“お客の目”を通して、カフェ経営をより楽しく、面白くする、“繁盛の魔法”をご紹介して
いきたいと思います。

 

今、この時間も多くの人たちがまだ見に自分のカフェを夢見て計画を立てていることでしょう。
もしかすると、ある人は、カフェ経営に悩んでいるかも知れません。

 

そんな人たちのお役に立てればと思います。

スポンサードリンク

カフェ経営繁盛の魔法 仕組みと法則そして成功記事一覧

早速ですが、悲しいお知らせもう、まさしく悲しいお知らせです。おそらくあなたは、カフェを開業させ繁盛させる、カフェ経営を成功させる方法を知りたくて、ここまで来てくれたんですよね。ありがとう。本当にありがとう。でも、残念ですが、とっても重要なことをお話しなくてはいけません。それは、 『経営に“これだ”というコツなどない』ということです。つまり、これだけをやっていれば、繁盛するという方法などは、無いって...

あなたは、買い物に行く時、どのような基準でお店を決めますか?買い物に行く時には、ほとんどの方が自分の目的を持って出かけていると思います。あたりまえですよね。その時って、その自分の目的にあわせて、行くお店を自分の頭の中にあるお店リストから選びだしませんか?(まぁ、その都度ガイドブックで探すこともあるでしょうが)例えば、スーパーに行くことを想像してみてください。激安商品を買うのであれば“あのスーパー”...

突然ですが、あなたは常連といえるお店を何軒持っていますか?常連ですから、ちょくちょく顔をだして、お店の人にも顔をおぼえられているお店ですね。僕はハッキリいってあまり多くないです。キッパリ。カフェなら3軒、飲食店(居酒屋、レストランなど)で2軒くらいかな?洋服やさんだと0軒ですね。ハハハ(涙)。自分は馴染みのつもりだけど、相手はそうは思ってないこともありますからね。僕は、カフェを事務所代わりといった...

カフェをオープンした時、一番最初にぶち当たる壁はほとんどの場合、“ 集客 ”だと思います。いつだったか、テレビで新店舗のオープンの舞台裏といった内容の番組をやっていましたが、その中で、あるイタリアンレストランを取り上げていました。具体的な内容は忘れてしまいましたが、そのお店の立地は商店街というよりも住宅街だったような気がしますが、さほど人通り自体は少なくはないものの無名のお店には厳しそうな雰囲気が...

突然ですが、あなたは、『インフォプレナー』や『情報販売』という言葉を聞いたことがありますか?『インフォプレナー』は情報起業家と訳されるそうです。ネットサーフィンなどをしていると、1度や2度は目にしたことがあるのではないでしょうか?簡単にいえば、“情報”を経営資源としてビジネスを行うことです。別に、『インフォプレナー』や『情報販売』について、話がしたいわけではありませんよ。そうではなく、これらのキー...

あなたは、ビジネスで   “1番を目指すな!”と言われたら、どのように感じますか?「どうせやるなら、一番を目指したほうがいいんじゃない?」「1番を目指さないで何を目指すの?」「青臭いこと言ってんじゃねーよ。世の中1番じゃないとダメなんだよ!」って感じる人がいるかもしれません。なかには、「そうだね。1番じゃなくていいじゃん。ほどほどがいいんだよ。」ってことを思われる方がいるかもしれません。実際、ビジ...

タイトルを見て、「美容室?理容室?何じゃそりゃ?」と思われました?そりゃそうでしょうね。カフェに関するサイトを見に来たのに、美容室やら理容室についての話を聞いても仕方がないと思われるかもしれません。でも、 “美容室” や “理容室” ってカフェビジネスにとって、とっても参考になることがいっぱいあるんですよ。

以前、あるテレビ番組で“欽ちゃん”こと萩本欽一さんの特集をしていて、その中で欽ちゃんが、 欽ちゃん流“人の育て方”について話されていました。その中で、欽ちゃんは「自分より凄い人は使わない。 自分が緊張するから(笑)。 欠点のある人を欠点があるまま使い続ける。 その人の欠点を強調し続ける事で、その欠点自体が その人にとっての“売り”になる。」と言っていました。なるほどな〜って思いましたね。言われてみ...

お店の中に入ると、とっても素敵なカフェなのに、お店の内側が外からは見え難く、メニューも外に出してあるのですが、値段が書いてないなんていうカフェがけっこうあります。これじゃ、はじめてのお客様は、入ってみたくても入れないですよね。念願のカフェをせっかくオープンさせたのに、もったいないな〜?素敵なお店なのに、こういう些細な事で、お客様を逃しているケースってけっこうあるものなんですよ。気をつけたいところで...

カフェを繁盛させる上で必要となるのが、なんといっても“口コミ”。(ろこみ、じゃないよ!くちこみ)口コミの力ほど大きなものはありません。あの天才マーケッターの神田昌典さんも著書口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラムで、熱く語っておられます。しかし、口コミを作り出すのは容易ではないのでは?という思いから、ついついチラシなどを道行く人に配ったり、ポスティングなどして、「うちの店は、ここにあり...

カフェをはじめたいと思っている人にとって、一番気になること、それは、“カフェをオープンさせたのはいいが、本当に儲かるのか?”ということではないでしょうか?いくら好きな事とはいえ、将来的な見通しは気になるところ。結論からいえば、それはあなた次第です!カフェ開業にかかる費用は、いろいろなパターンがありますが、最近の調査では、1,000万円から1,500万円位が相場なんだそうです。実際には、出店地域など...

カフェが本当に儲かるかどうか。“やりようによっては”とお話をしましたが、では、カフェ経営を数字で見てみましょう!カフェ経営関係の本やサイトなどで、“FLRコスト”って文字を見かけたことはありませんか?FLRコストというのは、Food(原材料費) Labour(バイトなど賃金) Rental(家賃など) のことを言います。つまり、お店を経営する際にかかるコストで、特に大きなウェイトを占める原材料費・...

数字だけをみれば、簡単に儲けられそうなカフェ経営。もし、それが本当であれば、カフェが潰れるなんてことありえません。でも、実際には出店するよりも多くのお店が廃業に追い込まれているのも事実です。カフェというのは、比較的粗利益が高いですから、ある意味儲けるのは簡単なんです。でも、儲けるためには“売上げ”をあげなくてはなりません。ここがキーポイントなんですよね。カフェを始める前、カフェオーナーはそれぞれ事...

お客様が来店してくれなければ、売上げはなく、もちろん儲けもない。お客様が来店してくれるようにするには、しっかりとした計画作りも必要です。カフェ経営を始めると(特に少人数で)、どうしても自分のお店に付っきりになってしまいます。すると、今までは空いた時間を使って他のお店に行ったりすることも出来たのですが、そういうこともままならなくなり、視野が狭くなってきます。カフェをはじめる人の中には、「自分の店は、...

集客をするといっても、ただ単にお店の場所、メニュー、料金を書いてお客様の目に留まれば、お客様が来店してくれるというものではありませんよね。そこには、お客様があなたのお店に“行きたくなる”仕掛けが必要です。カフェを経営している人に限らず、お店を経営している人の中には、広告を出せば、チラシを撒けば、お客がやってくると考えている人が少なくありません。お店の数がそれほど多くなかった頃ならそれでも良かったか...

お客様の数だけ感じ方が違う。これをしっかり理解していないと、お客様に振り回されることになります。お客様に振り回されるということは、あなたのお店のカラーが失われるということに繋がりますから。実は、多くの方が、“お客様”というよりも“売上げ”に振り回され、自分のお店の特徴を活かしきれなくなっています。カフェを開業した当初は、経営者それぞれが夢や希望を自分のカフェを通して具現化しようとするのですが、いつ...

理想と現実。多くの人がぶつかる壁です。しかし、そういう中でもたくましく地道にカフェを経営し、成功を収めている人もいます。カフェビジネスで成功している人はたくさんいます。雑居ビルの9階でカフェを経営し、大繁盛させている武田康伸さんもその1人です。(武田さんの本『ヌフカフェはなぜ潰れないのか』)一般的に、雑居ビルの9階なんて、カフェ経営ではタブー。でも、その不利さを逆に利用したお店作りは、武田さんの真...

カフェ経営をはじめた人の中で、順調に売上げが伸びていったという人は、それほど多くはありません。むしろ、ほとんどの方が、最初に立てた計画通りに売上げが伸びず、四苦八苦した経験があるんです。売上げが低迷してくると、どうにかして売上げを伸ばしていかなくてはいけませんから、いろいろなことを試して、売上げを伸ばそうとします。チラシ、広告などは、その代表例ですね。中には、本屋さんに行き、経営に関する本を読んで...

最近は、カフェといってもただ単にオシャレで落ち着くカフェというだけではなく、テーマに絞り込んだカフェというのが人気になっています。たとえば、編み物カフェや読書カフェなんてものもあれば、いけばなカフェとかカフェなんだか、習い事教室なんだかよく分からないような場合もありますよね。まぁ、メイドカフェとか最近ではガンダムカフェなんてのもあって、カフェってホント幅広いなぁ〜って、妙に感心してしまいます。それ...

近頃は、本当に“ご当地モノ”が流行っていると思いませんか?“ご当地検定”並にいろんな地域で開発・販売され、観光の目玉にしようとしています。ゆるキャラなんかもそうですよね。食べ物でいえば、一時ご当地バーガーってのが流行ってました。ハンバーガーは、今や国民食といっても過言ではないくらい、私たちの生活に浸透しているし、“メガバーガー”のブームやバーガーキングの再上陸などハンバーガーってなにかと話題になり...