MENU

カフェにも仮想通貨の波が!

 

最近の話題としては、やっぱり“そだね〜”のカーリング娘さんたち、平昌オリンピックのメダリストたちの活躍!ってところなんですが、僕の周りでは、やっぱり2017年からビットコイン”など仮想通貨の話題で持ち切り!

 

いろいろな場所で、「ビットコイン持ってる?」とか「仮想通貨買った?」とかって話を聞かされます。

 

ぼくも、流行りもの大好きですし、周り方たちとの会話に乗るためにもビットコインもってますし、仮想通貨の投資を始めました!

 

仮想通貨投資のために、いろいろ勉強してみるとすごい技術だし、仮想通貨があることで助かる人たちも実際にいるんですよね。なので、今のバブル状態が続くかどうかってのはわかりませんが、しっかり勉強して投資する分にはいいのかな?なんて思っています。

 

ただ、カフェを開業するのに一攫千金!ってことで、自分の全財産を仮想通貨に投資する!なんてことは絶対にしちゃだめ!投資は無理のない範囲でね。

 

 

それはさておき、仮想通貨、とりわけやっぱりビットコイン。

 

ビットコインってビッグカメラとかで使えるっていうのは、知っている人も多いですが、カフェなど飲食業界でもビットコインで決済、支払いができるお店増えています。

 

以前から、ビットコイン支払いに対応した飲食店ってありましたが、昨年のビットコインの値上がりもあって、マスコミなどもビットコイン支払い対応のお店の取材を希望するよになっているんだそうです。

 

先日もある居酒屋さんが、ビットコインでの支払いをはじめたら、地元のニュースで紹介されて、いきなりお客さんが急増!しちゃったそうです。

 

お店側にしてみれば、ビットコイン支払の決済システムを導入する費用は、ほとんどかからないですから、話題作りで売り上げがあがるなら美味しい話ですよね。

 

最近は、決済システムのアプリも出てきているので、ますます導入しやすくなっていますしね。

 

あと、2020年の東京オリンピックにむかって、外国人観光客を取り込むチャンスにもなります。

 

もちろん、決済までの時間がかかるなど問題点もありますが、話題性も含めてこれから仮想通貨支払いのカフェも増えてくるでしょうね!

受動喫煙防止条例と電子タバコ!

東京都の小池百合子知事が条例案を提示して、東京オリンピックに向けて本格的な議論が始まった感じですね。

 

カフェを経営する上でも、この東京都の受動防止条例とか国の健康増進法改正案って、影響が考えられます。

 

もともと全面禁煙であれば、問題はないんでしょうけどね。

 

ただ、全面禁煙のカフェでも、対応が分かれるのがアイコスなどの電子タバコ。
VAPEとかだと、タバコなのかそうじゃないのか?煙が出て見た目はタバコみたいだけど、タバコじゃないから喫煙にはならない!という愛用者もいますよね。

 

確かに、アロマフレーバーみたいなリキッドをつかったvapeとかであれば、厳密にはタバコとは言えないのかも?と思ってしまいますが、仮に煙で服や髪の毛にニオイがつかないとしても、せっかく禁煙のカフェにはいったのに、なんだか堂々とタバコを吸っている風にみえるのは困りモノですよね。

 

 

また、ネットニュースでも話題になりましたが、アイコスとかの吸い殻って、タバコとはちがって火がついていたわけじゃないので、そのまま普通にゴミ箱に捨てられる?って、知り合いのアイコスユーザーの人は言っていたんだけど、その吸い殻を誰がどう処理するのか?ってのもけっこう問題になっているみたい。

 

吸っている人にとっては、「これ、普通のゴミっしょ!お手拭きとかペーパーナプキンとかと一緒に捨てといてよ!」的な感覚かもしれませんが、処理するお店の側としてはちょっと抵抗感ありますよね?

 

このあたりの吸う人と吸わない人の温度差って、けっこう難しいところありますよね。

 

 

では、どうすればいいの?ってことなんですが、やっぱり、予めルールを決めて置くのがいいんでしょうね。

 

「タバコはもちろん、類推されるようなものの使用はご遠慮ください」

 

的な感じで。

 

 

東京都の条例ではきっちりとした分煙ならOKって話もありますが、そうなると設備を整えるのも大変ですからね。

 

マナーを守って!とかってのも当たり障りはないんですけど、結果的にトラブルにつながりやすいので、最初にきちんとお店の意志を明確にしておくのがスタッフも対応しやすいでしょうね!

スポンサードリンク