MENU
スポンサードリンク

カフェで働きたい!学びたい!

一時期のカフェブームほどではありませんが、いまでも、カフェに憧れ、カフェで働きたい
という方は、たくさんいらっしゃいます。

 

そして、自分のカフェを持つという夢を実現するため、実際のカフェで経験を積みたいという
人も大勢いらっしゃるでしょう。

 

カフェで働く目的は人それぞれ

 

実際にカフェをはじめた人のなかには、カフェをはじめるにあたって、カフェスクールに通ったり、そんなことはお構い無しに、いきなりカフェをはじめてしまったという人など、カフェをはじめるにあたって通ってきた道順は人それぞれですが、カフェや飲食店などで実際に働いて、現場を経験したことが役に立ったという人は結構いらっしゃいます。

 

僕個人としても、カフェ経営を行うのであれば、ある程度、カフェや飲食店などの現場で修行とまではいかなくても、仕事の感覚というものを養った方が、実際にお店を持った時などに、その経験がいかされるんじゃないかなって思います。

 

それとは別に、“カフェ経営なんて滅相もない!私はカフェが好きだからカフェで働いてカフェの雰囲気を楽しめればいいや!”っていう方も大勢いらっしゃいます。

 

このように、いろいろな理由で、カフェで働きたい、カフェの仕事を経験したいという人は、たくさんいるんじゃないかなぁ〜って思います。

 

 

自分が望む働き場所は、なかなか見つからない

 

カフェでの仕事を見つけるという意味では、世の中には、たくさんカフェがあるし、いまでもいろいろな街で新規にオープンするカフェを見かけるくらいなので、カフェの仕事を見つけるには、欠かないのではないかな〜って思うのですが、それが、そう簡単にいかないんですよね。

 

確かに、求人情報誌などをみれば“○○カフェ スタッフ募集”なんて広告を見かけることも少なくありません。

 

実際に、かなり地元でも有名なカフェなどの求人情報も掲載されていることもあります。

 

しかし、求人情報誌などに掲載されている求人の多くは、大手チェーンの喫茶店やフランチャイズのファーストフード系のお店だったりします。

 

それらを、カフェと呼べないことはありませんが、できれば僕たちが一般的に想像できうるおしゃれな “カフェ” で働いたり、学んだりしたいですよね。

 

 

カフェや飲食関係のスクールに通っていれば、そのスクールからカフェのお仕事を紹介してくれますが、そうでなければ、やはり、自分で探さなくてはなりませんよね。

 

しかし、雑誌などに紹介されるようなカフェでも、個人で経営していらっしゃるお店のほうが圧倒的に多いですから、なかなか容易にスタッフを雇い入れるというわけにはいきません。

 

オープンしたてのお店などは特にそうですが、自分の給料を我慢してもお店の経営を軌道に乗せたいという実情があります。

 

 

そういう事情も考えると、お店としてはできるだけ人件費をかけたくないのが本音です。
その分、自分が頑張ればという気持ちなのでしょう。

 

このような理由から、なかなか私たちが望むようなお店で働くということは難しいのです。

 

自分のお店を持つための勉強がしたい。という気持ちであれば、無報酬かそれに順ずる待遇でも構わないからという条件をだせば、働かせてくれるところも比較的容易に見つかるかもしれません。

 

まぁ、本当の意味での修行ですよね。

 

 

しかし、自分の好きなカフェで働く事が目的であれば、そこにたどり着くのは結構大変かもしれません。

 

大きく店を構えているようなところであれば、働いている人数も多いので、その人たちがお店を辞めたりした時は求人募集があったりするので、こまめにチェックさえしておけば、“ラッキーッ!”なんてことがあるかもしれません。

 

 

また、個人で経営しているカフェでも必ずしもスタッフを募集しないというわけではありませんから、こちらもお店の張り紙やそのお店に通って“カフェで働きたい”というメッセージを送り続ければ、念願が叶うかもしれません。

 

 

とにかくチャレンジ

 

 

どちらにしても、特定のカフェで働きたいということであれば、古典的ですが、やっぱり“当って砕けろ”ですね。

 

自分の働きたいと思う、カフェを絞り込んで、片っ端からスタッフを募集していないか聞いて回る。何もしないで待っていたのでは、チャンスはやってこないし、自ら動くことでチャンスの数は増えるわけですから。

 

もし、そのお店がダメでも、そのお店の知り合いのカフェが人を募集していて、そこを紹介してくれるかもしれませんしね。

 

 

以前、あるカフェのオーナーが話していたのですが、結構カフェのオーナー同士、連絡を取り合っていり、そこに出入りしている業者さんからの他のお店の情報も入ってくるから、そのお店では募集がなくても、他のお店を紹介してくれることもなくもないらしいので、諦めずに、アタックしてみることですね。

 

 

とはいっても、そこまでやるにはとっても勇気がいりますよね。できれば、行きつけのカフェなどでオーナーと話をいているうちに、

 

「じゃぁ、うちで働かない?」

 

なんていうのが理想なんでしょうけどね。

 

 

当って砕けるのは自分に向かないということであれば、マメに求人情報誌などを読んだり、最近は、Webサイトで求人関係のサイトもたくさんあって、全国の求人検索もできるなど、とっても便利になっています。

 

最近は“飲食店専門の求人サイト”というのも増えています。

 

その中でも、カフェの求人情報など豊富なのが、フーズフーという求人サイト!

 

「食」のおシゴト、専門サイト【フーズフー】

 

また、あらかじめ登録しておくと、飲食店からオファーが届くぐるなびの求人サイトなどもあります!

 

働くなら飲食店!そんなアナタに【ぐるなび らくらく求人】

 

 

他にも、アルバイト探しの定番といえば、

 

 

 

  • 仕事情報の anレギュラー
  • アルバイト・仕事探しのフロムエーナビ
  • はたらいく
  • こだわり派にも大満足のバイト探し!シゴトイン・バイト
 

 

 

こういう↑↑↑サイトに登録さえしておけば、自分の希望するアルバイトが見つかればすぐにネット上から応募することもできますから、すごく便利ですよね。

 

近頃は、あなたの経験や資格・スキルが評価されるような求人サイトもできています。

 

 

支援金もらえる求人サイトとは?

 

このサイトなら、自分の経験にあわせて給料なども上がるし、入社するともれなく、もれなくですよ、入社祝い金がもらえちゃうんです。

 

時代は、常に変化しているんですね〜。すごい!

 

どんなお店だって、勉強になります

 

 

これからカフェを経営したいと思っている人にとって、勉強をする場としてのカフェ選びは、重要だと思います。

 

大手のチェーン店ではなく、自分が目指すようなカフェで修行をしたいという気持ちもよくわかります。

 

でも、大手チェーンで働いてみるのも、選択肢の一つにいれても悪くないと思います。

 

 

そういうお店のマニュアル的な対応がイヤだという人もいるでしょう。

 

しかし、そのマニュアル的な動き、流れというものを学ぶのも、お店を経営する際には、きっと役に立つはずです。

 

 

チェーン店のマニュアルは、その裏づけとなる根拠もしっかりあるんです。

 

ただ、なんとなく作っているわけではないんですよね。

 

お店をいかに効率的に回していくか、お客様とどのように接していくかなど、マニュアルから学べることは結構あるんです。

 

こういうことは、外からはわかりませんが、中で働いてみると、面白い発見があるものです。

 

 

そういう意味では、いろいろなカフェで働いてみて、いろいろなスキルや知識を学んでみるのも一つの手ではないでしょうか。

スポンサードリンク