カフェを愛する人たちへ

MENU
スポンサードリンク

あなたにとって、“カフェ”とはどういう存在ですか?

くつろぐ場所、美味しい食事や飲み物を楽しむ場所、仕事のアイデアを考える場所、お店の人とおしゃべりをする場所、友人や恋人と語り会う場所、音楽や読書を楽しむ場所、そして・・・・夢を実現する場所。

 

 

僕にとってカフェは、一言でいえば『なくてはならない存在』かな。
まぁ、とにかく好きなんです。大好きなんです、カフェが。

 

 

街を歩いていても、いつもなら絶対通らないような道に、なぜだか吸い寄せられるように入っていき、そこに新しいカフェを見つけたり、
いつも見ていたカフェが、突然なくなっていたりすると、言葉では表すことができない気持ちに包まれたり、案外カフェに一喜一憂しています。

 

 

今、これを読んでいる人、それぞれに存在意義はきっと違うんでしょう。
でも、そこがカフェのいいところですよね。

 

人にはそれぞれカフェの楽しみ方があって、カフェ経営者もある程度自分のやりたいように自由にやることができる。

 

 

その中で、自分の、自分だけのカフェにめぐり逢えたら幸せなんだろうな。

 

 

自分の価値観にあったカフェ、自分が理想としていたカフェに出会えたら・・・・。

 

 

“これっ!、これなんだ。私が求めていたカフェは!”

 

 

と、心からいえるカフェがある人はとってもうらやましいです。
これこそ最高の出会いじゃないですか。

 

 

もし、あなたがそのカフェを経営しているとすれば、それは最高の自己実現。

 

カフェを経営していない人も、こういえるカフェを持っているなら最高の宝物といえますよね。

 

 

自分にとってどんなカフェが理想なんだろう?

 

 

いろいろ考えてみる。

 

 

ドアをあけるとコーヒーの香りが漂っていて、店内にはJazzのメローな曲が流れていて、カウンターには物静かなオーナーと、いつも笑顔が素敵な女性店員。
オーナーがドリップで入れてくれるコーヒーには、なにか魔法でもかけてあるように、いつもホッとさせられる。

 

 

っていう感じかな〜?

 

 

いや違う。

 

“僕のカフェ”は、

 

 

内装はそんなにおしゃれじゃないし、食事のメニューも多くない。
だけど、どこかやさしくて、ぬくもりがあって、来る人を拒まず包み込んでくれる。
そして、そこにはいろいろな人生があって、それを肯定するでも否定するでもなく、ただ真剣に話を聞いてくれるオーナーがいる。
ここでは、誰もが他のだれの目を気にすることなく、思いっきり泣き、笑い、哀しみ、喜べる。

 

 

これが僕のカフェだ。まだ見ぬ僕だけのカフェ。

 

もしかするとこれが僕の人生で求めている“かたち”かもしれない。

 

 

 

人生で具体的な価値観や目的をもっている人は、この価値観や目的という“光”をたよりに進んでいくことができる。

 

カフェ好きの人にとって、カフェという場は、もしかしたら人生を投影したものかもしれない。

 

 

 

きっとあなたにも、あなただけの“カフェ”があるはず。

 

それは、まだ形にもイメージにもなっていないかもしれない。
もしかしたらすでに出会っているかもしれない。

 

どちらにしても、必ずあなたの中にそれはきっとあるはず。
あなたのカフェが。

 

 

あなただけのカフェ見つけてみませんか?

スポンサードリンク