MENU
スポンサードリンク

カフェをはじめたいあなたへ!

カフェをはじめる カフェ 開業、カフェ経営
カフェを開くのに必要な資格や資金など、カフェ経営を目指すあなたへカフェ開業のノウハウを紹介します!

 

Cafe’s life Infomation ・・・・・・・・・・

 

新企画!無料メルマガ講座
   『“好きを仕事に!カフェ開業ステップ講座』開講中!

 

カフェをはじめたいけど、なにからやればいいのか分からない!
だけど、カフェスクールに通うにはお金がかかりすぎる!
という方のために、カフェ開業のノウハウ、コンセプトづくりなどカフェをはじめる上でのステップなどを中心にした無料のメルマガ講座です。
   ご登録はこちらから!

 

 

 

 

更新情報

気が付けばもう9月!
夏も終わって秋になっちゃうんですね。世界のオザワさんも「徳井くん、夏終わっちゃうね。寂しいよ〜」って言ってる?

 

でも、これからは散歩とかにもいい季節。
散歩の中で、自分ごのみのカフェを見つけるのも楽しいですね。

 

2017年9月1日 更新

 

9月のオススメ本  更新しました。

 

 

カフェをはじめたい人の無料・格安体験レッスン紹介 

 

 

相互リンク、お問い合わせを受け付けています!詳しくはこちら

 

カフェをはじめるのに役立つおすすめ本

★2017年 9月のオススメ本 ★

家族ではじめる、小さなカフェ

夫婦や親子など個人でカフェを開業したいと思っているかたにおすすめの1冊。実際に家族でカフェをオープンさせた18のカフェの体験談や家族ならではの問題など具体的な内容を紹介してくれています。一番身近な家族だからこそ関係性は大事ですよね。

繁盛店をつくるインパクトメニュー

カフェで注目されるのに、そのお店の看板メニューとかあると集客や宣伝などにもつながりやすいですよね。最近はインスタ映えなどSNSで拡散されることがおおいので、名物メニューや看板メニュー作りはカフェでも大事。そんなインパクトのあるメニュー作りの虎の巻といえる1冊。

CAFERESカフェレス2017年9月号

カフェアンドレストランから生まれ変わったCAFERESカフェレスの9月号の特集は、“自分サイズのカフェを開く”。個人で経営する個人サイズのカフェの開業ストーリーなどが紹介されています。これから自分のカフェをつくりたい!という方には参考になる特集ですね。

 

8月分おすすめ本

心惹かれるカフェデザイン&グラフィックス

オシャレなカフェにするために欠かせない、ショップカードやインテリア、サインボード、什器、カフェに置くグッズなどのデザインの参考になる1冊です。これ以外にもカフェにまつわる逸話や歴史やカフェに行きたくなるようなワクワクするような空間づくりなどカフェ開業の夢が膨らみます!

繁盛店は路地裏にあり! 悪立地・低予算でも繁盛

カフェや飲食店に限らず、名店や繁盛店は好立地ばかりじゃなく、路地裏など悪立地といわれるような場所に店を構えていたりします。でもそんな悪条件をもろともしないで繁盛させるためのノウハウやわざわざ行きたくなるような個性のあるお店にするためのヒントが満載です。

LDKコーヒーの便利帖 いつものコーヒーが美味しく

カフェ開業に関する本ではないですが、カフェに欠かせないコーヒーを美味しくするためのヒントや技が盛りだくさん。しかも、高級なコーヒーとかではなく、普段気軽に飲める、手に入れられるコーヒーをちょっとした技などで美味しくできるので、コーヒーへの自信がわきますよ!

 

おすすめ本 バックナンバー1  バックナンバー2  バックナンバー3  バックナンバー4

 

 

 

 

カフェズライフ makaniコラム

わたくしmakaniが気になっていることなどをコラム風?といっても書きたいことをただ書く!という感じですが、カフェビジネスのみにかかわらず書いていこうと思います。

 

組み合わせ自由というカフェの魅力

最近、カフェといってもいろいろなものと組み合わさっているというか、コラボ的なカフェって多いですよね。

 

この前みたカフェは、ボルダリングもできちゃうカフェで、こういうアクティブ系のカフェも増えてきています。

 

カフェだけというのもありだし、こういういろいろなモノと組み合わせてお客様を楽しませることができるのもカフェの魅力の一つですよね。

 

こうじゃなきゃダメ!っていう縛りって、基本ないし、お客様が喜んでもらえて、カフェオーナーも楽しめれば最高ですね。

 

お客さんにしても、コラボしているものを理解しているうえで、あえてそのカフェを選ぶわけですし、まったく自分の興味の範囲外だったけど、たまたまそのカフェを見かけてふらりと入ってみたら、そのコラボしているものにハマってしまった!なんてこともありますよね。

 

もちろん、コラボをするとコンセプトが限定されたりということはあるというデメリットもあります。
特に、コラボするジャンルのファン層というか、ターゲットとなる人口が少なければ、集客数にも影響してくるので、そのあたりは注意をしたり、対策は考えないといけないですけどね。

スポンサードリンク