MENU
スポンサードリンク

カフェをはじめたいあなたへ!

カフェをはじめる カフェ 開業、カフェ経営
カフェを開くのに必要な資格や資金など、カフェ経営を目指すあなたへカフェ開業のノウハウを紹介します!

 

Cafe’s life Infomation ・・・・・・・・・・

 

カフェをはじめたいけど、なにからやればいいのか分からない!
だけど、カフェスクールに通うにはお金がかかりすぎる!
という方のために、カフェ開業のノウハウ、コンセプトづくりなどカフェをはじめる上でのステップなどを中心に、カフェを始めたい、カフェ経営の夢を叶えたいという方の応援出来たら!と思っています。

 

 

更新情報

2018年12月3日

 

気がつけば、今年2018年もあと1ヶ月。
12月に入った途端、なんでかわからないけど、道は渋滞が激しくなってきたような気がすると、なんとなくみんな忙しい、慌ただしい雰囲気。。。

 

今年1年、どんな1年でしたか?
僕は、この前ひさしぶりに”尿管結石”をやっちゃいました。

 

もう、痛くて痛くて、のたうち回るってのはこういうことですよね。
以前にも尿管結石は患ったことあるんですけど、こればかりは慣れるってことがないので、本当に辛かった。。。

 

 

でも、石も出てくれたので、今は問題なし。健康は大事ですね。
生きて1年を過ごすことができただけでもありがたい!って感じです。

 

 

ゲッターズ飯田の占い『五星三心占い』によると、来年はいい方向に向かうらしいので、それを信じてこの1ヶ月、しっかり準備をしていきたいと思います。

 

 

 

 

今月もカフェズライフをよろしくおねがいします。

 

 

12月のオススメ本  12/3更新しました。

 

カフェをはじめたい人の無料・格安体験レッスン紹介 

 

 

2018年10月26日

 

カフェ開業、オープンに必要な資格と申請書の内容を更新しました。
資格取得の料金など最新のものに変更しています。

 

 

 

カフェスクール徹底比較にCafe’s LIFE カフェスクール【大阪】を追加

 

 

 

 

相互リンク、お問い合わせを受け付けています!詳しくはこちら

 

カフェをはじめるのに役立つおすすめ本

★2018年12月のオススメ本 ★

カフェをオープンするなら知ってほしい本 現役オーナーのリアルカフェ経営法

フェイスブック、ツイッターなどsnsで情報発信などをしている白市竜太郎さんが自身がカフェを開業した方法や10年以上カフェ経営をおこなっている実体験をまとめてくれています。カフェのリアルな面も学べる1冊になっていますよ。

開業資金7万円から始める ラグジュアリーサロンのつくり方

カフェではないのですが、普通の主婦がわずか7万円の開業資金でサロンをひらいたい体験談は、カフェ開業においても参考になりますよ。小さくはじめて段々と大きく、自分のやりたいことを実現していく上でのステップや考え方も綴られています。

syunkonカフェ どこにでもある素材でだれでもできるレシピ

カフェのメニューづくりは、奇抜さとか目立つ、インスタ映えなども大事ですが、コストを掛けず、食材をうまく使いまわせるメニュー構成ってのも大事になります。そういったメニュー作りはもちろん、毎日の食生活でのレシピとしても参考になる1冊。

 

11月分おすすめ本

商店建築 2018年11月号 カフェ大特集

商店建築のカフェ特集。今、注目のカフェをはじめ話題の飲食店、ショップなどがずらりと紹介されていて、インテリアだけじゃなく、毎年恒例のトイレ特集もあります。、今は、飲食店にとってトイレは評価が決まるポイントだったりしますからね。

人生で大切なことはコーヒーが教えてくれる

カフェの開業や始め方などノウハウに直接関係しているわけじゃないですけど、コーヒーというものの奥深さがわかる1冊になっています。人生とコーヒーになぞらえることで見えてくることもあるんですね。ストレスを感じたときとかに読むに最適かも!

Hanako特別編集 喫茶店に恋して。

まるごと喫茶店の本です。今、日本の喫茶店って、海外の人たちにも注目されているんですよね。ノスタルジックであったり、カフェとは違った時間の流れとか独特なメニューやマスターのお話なども紹介され、見ると喫茶店に行きたくなります。

 

おすすめ本 バックナンバー1  バックナンバー2  バックナンバー3  バックナンバー4

 

 

 

 

カフェズライフ makaniコラム

わたくしmakaniが気になっていることなどをコラム風?といっても書きたいことをただ書く!という感じですが、カフェビジネスのみにかかわらず書いていこうと思います。

 

AIとカフェビジネス

ニュースなどでよく見かける外国人の就労拡大の法案。
正直、僕はよくわかっていません。

 

最近は、カフェなど飲食店も人手不足で大手チェーン店などではよく外国人の方が働いているのを見かけたりします。
少子高齢化の流れは変わらないだろうから、外国人の方に働いてもらうというのは自然の流れなのかもしれませんね。

 

ただ、これからは”AI”がいろいろなところで導入されて、人間じゃなくAIが代わりに働いてくれる!なんてことになるなんてことも言われていますよね。

 

 

では、カフェの現場で、どういった仕事がAIにとって変わられる可能性があるのか?

 

まず思い浮かぶのは、レジなどの作業ですね。
これは、キャッシュレス化の流れもあわさって、急速に切り替わって行くと思います。
お金の管理という面でもキャッシュレス化は、経営者にとってはありがたいでしょうしね。

 

次に、調理はどうでしょうか?

 

この前、NHKだったかな?AIが調理をするといったことをやってたんですが、これがなるほど!って思わせるような内容でびっくりしました。

 

例えばですが、個人のカフェでもメニューの注文などが自分のスマホからできるようになったとしたら、個人の味の好みなんかもAIが判断してその人好みの味とか、健康を意識して塩分控えめとか、そういう調理をしたりするようになるかもしれません。

 

そうなったら、カフェとか飲食店の意味ってあるの?って感じもしますが、AIが進化すればそういうことも可能になってきますね。

 

 

ホールのスタッフの仕事も単にできた料理を運ぶだけ!とか、店内にあるセンサーが、お冷などを欲しがりそうなお客様を感知して、店員さんに指示をだしてお冷を提供するとかってことになったりするかもしれません。
なんだか面白みのないカフェになっちゃいそうですけどね。

 

 

個人的びっくりしたのは、これから電話でのカスタマーサービスがAIに変わるかもってのをみたんですが、もしそうなれば、クレームもAIが対応するので、オペレーターの方がストレスを感じたりすることもなくなりますね。
もし、カフェの現場でクレームってときも、店員さんも「クレームはコチラでお願いします」みたいな感じで、AIスピーカーとかを差し出して、お客様ものAIスピーカーにクレームを言うことに。

 

もし、そうなったらバカバカしくて文句をいう気もなくなって、今のような土下座の強要とかあくどいクレーマーっていなくなっちゃいかもしれませんね。

 

 

この先の未来は、一体どうなっちゃうんでしょうか?

 

過去のコラムはコチラ→ コラムその1  コラムその2

スポンサードリンク