MENU

カフェをはじめたいあなたへ!

カフェをはじめる カフェ 開業、カフェ経営
カフェを開くのに必要な資格や資金など、カフェ経営を目指すあなたへカフェ開業のノウハウを紹介します!

 

Cafe’s life Infomation ・・・・・・・・・・

 

カフェをはじめたいけど、なにからやればいいのか分からない!
だけど、カフェスクールに通うにはお金がかかりすぎる!
という方のために、カフェ開業のノウハウ、コンセプトづくりなどカフェをはじめる上でのステップなどを中心に、カフェを始めたい、カフェ経営の夢を叶えたいという方の応援出来たら!と思っています。

 

 

更新情報

2018年5月!

 

5月といえば、ゴールデンウィーク。
外で過ごすのにもちょうど心地良い季節ですね。

 

この時期になるとカフェのテラス席とかが賑わいます。
外でコーヒー飲んだり、スイーツ食べたりしながらお話しているとあっという間に時間が経っちゃうんですよね。

 

最近は、コンビニとかのコーヒーもほんと美味しくて、値段も安いからついつい買っちゃうけど、せっかくのこの陽気ですからね、梅雨に入る前にカフェのテラス席などでゆっくり、まったりといろいろ計画を考えたり、物思いにふけてみるのもいいですよね。

 

にしても、もう5月なんですね。はやっ!
今年も、残り半分になっちゃうんだ!いやいや、まだのこり半分以上もある!のほうがいいかな!

 

 

2018年5月17日 更新

 

カフェスクール徹底比較にCafe’s LIFE カフェスクール【大阪】を追加

 

 

 

5月のオススメ本  5/1更新しました。

 

カフェをはじめたい人の無料・格安体験レッスン紹介 

 

 

 

 

相互リンク、お問い合わせを受け付けています!詳しくはこちら

 

カフェをはじめるのに役立つおすすめ本

★2018年 5月のオススメ本 ★

攻めの集客で成功する!!飲食店勝利の方程式

著者の佐藤倫也さんは、自身も42歳で飲食店を開業し、パンケーキランキングで激戦の東京で2位になるほどの実績も。そんな著者が自身の体験や指導の中で体験した成功例や失敗例などを具体的に紹介している1冊。カフェ開業に役立つ情報満載です。

cafe-sweets vol.187

 

今回のカフェ・スウィーツは、郊外型のパティスリー、ベーカリー特集。ベーカリー兼カフェという併設タイプをやりたい!という方も多いと思いますが、記事には小さな町のベーカリーカフェの紹介もあり参考に。郊外のいい立地とはいえない場所での経営の参考にも。

自分らしさでお客様を引き寄せる「自分ブランド」のつくり方

直接カフェ経営には関係しませんが、オープンさせたカフェのブランディング、またオーナーであるあなた自身のブランディングをすることでお店のアピールにもつながるという意味では、これからの店舗PRでは欠かせないノウハウということでぜひチェックしておきたい1冊。

 

4月分おすすめ本

小さな「カフェ」のはじめかた: 必ず成功するためのお店開業

4/15に発売のカフェ開業本です。起業・開業のエキスパートであるこの著者のメンバーが、念願のカフェ開業を本気で成功させたい人のために作った1冊です。カフェの開業資金の問題から儲けなど「お金」のことや物件探し、コストをかけない集客のキモがわかります。

無料でカンタン! 儲かる飲食店に変わる「Googleマイビジネス」超集客術

カフェを開業したけど、お金がなくて広告宣伝にお金がかけられなくて集客に苦労している!という方も多いですよね。そんなときに役立つのがネットでの集客。Googleマイビジネスをうまく利用することで効率的に集客する方法、その他ネットからの集客についても!

CAFERES(カフェレス) 2018年4月号

今回のカフェレスは、ニューオープンで注目のカフェを特集。カフェのトレンドなどこれからカフェの開業を目指す人に参考になるインタビュー記事などが盛りだくさんです。カフェの内装やコンセプト、開業のポイントなど読めば納得の内容は、カフェづくりのヒントに!

 

おすすめ本 バックナンバー1  バックナンバー2  バックナンバー3  バックナンバー4

 

 

 

 

カフェズライフ makaniコラム

わたくしmakaniが気になっていることなどをコラム風?といっても書きたいことをただ書く!という感じですが、カフェビジネスのみにかかわらず書いていこうと思います。

 

受動喫煙防止条例と電子タバコ!

東京都の小池百合子知事が条例案を提示して、東京オリンピックに向けて本格的な議論が始まった感じですね。

 

カフェを経営する上でも、この東京都の受動防止条例とか国の健康増進法改正案って、影響が考えられます。

 

もともと全面禁煙であれば、問題はないんでしょうけどね。

 

ただ、全面禁煙のカフェでも、対応が分かれるのがアイコスなどの電子タバコ。
VAPEとかだと、タバコなのかそうじゃないのか?煙が出て見た目はタバコみたいだけど、タバコじゃないから喫煙にはならない!という愛用者もいますよね。

 

確かに、アロマフレーバーみたいなリキッドをつかったvapeとかであれば、厳密にはタバコとは言えないのかも?と思ってしまいますが、仮に煙で服や髪の毛にニオイがつかないとしても、せっかく禁煙のカフェにはいったのに、なんだか堂々とタバコを吸っている風にみえるのは困りモノですよね。

 

 

また、ネットニュースでも話題になりましたが、アイコスとかの吸い殻って、タバコとはちがって火がついていたわけじゃないので、そのまま普通にゴミ箱に捨てられる?って、知り合いのアイコスユーザーの人は言っていたんだけど、その吸い殻を誰がどう処理するのか?ってのもけっこう問題になっているみたい。

 

吸っている人にとっては、「これ、普通のゴミっしょ!お手拭きとかペーパーナプキンとかと一緒に捨てといてよ!」的な感覚かもしれませんが、処理するお店の側としてはちょっと抵抗感ありますよね?

 

このあたりの吸う人と吸わない人の温度差って、けっこう難しいところありますよね。

 

 

では、どうすればいいの?ってことなんですが、やっぱり、予めルールを決めて置くのがいいんでしょうね。

 

「タバコはもちろん、類推されるようなものの使用はご遠慮ください」

 

的な感じで。

 

 

東京都の条例ではきっちりとした分煙ならOKって話もありますが、そうなると設備を整えるのも大変ですからね。

 

マナーを守って!とかってのも当たり障りはないんですけど、結果的にトラブルにつながりやすいので、最初にきちんとお店の意志を明確にしておくのがスタッフも対応しやすいでしょうね!

 

スポンサードリンク